Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

18-19 プレミアリーグ:アーセナル vs ウルブス戦の結果と試合後のインタビュー

18-19 プレミアリーグ 第12節

アーセナル 1−1 ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ

 

《得点》

アーセナル:86’ムヒタリアン

ウルブス:13’カバレイロ

 

【出場メンバー】

レノ

ベジェリン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ムスタフィ

ホールディング

コラシナツ → 75’ムヒタリアン

トレイラ

ジャカ

イウォビ → 46’グエンドゥジ

エジル f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 75’ラムジー

オーバメヤン

ラカゼット

 

=ベンチ=

チェフ

パパスタソプーロス

メイトランド=ナイルズ

エンケティア

 

エメリ監督、試合後のインタビュー
続きを読む

来夏にFAでマタを獲得?【アーセナル移籍ゴシップ】

ネルソンがまたしてもゴールを決める!

現在ホッフェンハイムへローン移籍中のリース・ネルソンが、昨日行われたブンデスリーガアウグスブルク戦でまたしてもゴールを決めました。ネルソンは後半37分に途中出場すると、その僅か2分後にゴールを決めています。これでリーグ戦7試合で6ゴール目となり、51分に1点のペースでゴールを量産しています。

(ソース:Sky Sports

 

来夏にFAでマタを獲得?

以前にも噂がありましたが、アーセナルは今シーズン限りでマン・Uと契約切れになるファン・マタ(30)の獲得に動いており、来夏の移籍市場においてFAでの獲得する事を目指しているそうです。マタは2011年にチェルシーへ移籍するまで、バレンシアでエメリの指導を受けていました。

(ソース:talksport

 

ムヒタリアン:エメリはクラブに革命をもたらしている

ムヒタリアン

「クラブ内外で文化変わった感じだね。」

「今の僕らはこれまでと違ったプレーを披露しているので、人々も僕らのことをより信頼する様になった。」

「僕らは自分達が望む通りのプレーができている。ゴールを決めているし試合にも勝っているから、サポーターのみんなは最高の気分だと思うよ。」

 

エメリはトレーニング・グラウンドに隣接する場所にジムを設置し、選手がウェイト・トレーニングとテクカル・ドリルを効率的に行える様にするなど、ベンゲル時代よりもハードなトレーニングを行なっています。

(ソース:Daily Express

 

ウェルベックは右足首の手術へ?

先日行われたスポルティング戦で右足首に重度の怪我を負い、現在入院中のウェルベックですが、デイリー・メール紙の報道によると手術を受ける可能性があるようです。現在は手術を行うかどうか判断を下すために必要なMRI検査を受けるため、患部の腫れが収まるのを待っている状態だとか。

もし手術を受ける必要があるほど重症だった場合は今シーズン中に復帰できるかどうか微妙らしいです。手術を受ける場合は、これまでベイルやウィルシャーの手術を担当し、この分野の世界的権威であるジェームズ・カルダー医師が執刀する予定とのこと。

(ソース:Daily Mail

 

ぺぺの獲得に66億円を用意?

アーセナルウェルベックが長期離脱したことで、補強プランの見直しを余儀無くされているようです。ウェルベックは近日中にMRI検査を受ける予定で、その際に靭帯の損傷が見つかれば手術を受けることになります。その場合復帰まで6ヵ月以上かかる見込みで、今シーズン中の復帰は厳しくなります。さらに、ウェルベックアーセナルの契約は今シーズンまでとなっており、このまま退団する可能性もあるとか。

貴重な控えFWであるウェルベックを失ったことで、アーセナルは1月の移籍市場で以前から興味を持っているリールのニコラ・ぺぺ獲得に動く必要に迫られているそうです。本来は来夏の移籍市場で獲得に動く予定でしたが、ウェルベックの離脱により控えFWは若手のエンケティアだけになってしまったことから、トップチームで実績がありコートジボワール代表も務めるぺぺを早急に確保する必要が出てきました。

ただ、ぺぺにはバイエルンやマン・C、ドルトムントなども熱視線を送っているため、アーセナルは獲得資金として4,500万ポンド(約66億円)前後を用意する様です。

(ソース:The Sun

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラムジーとオーバメヤンがダブル受賞!

ラムジーオーバメヤンがダブル受賞

10月のプレミアリーグ・月間最優秀選手賞とゴール・オブ・ザ・マンスが発表され、我らがアーセナルからオーバメヤンが月間最優秀選手賞に、ラムジーがゴール・オブ・ザ・マンスにそれぞれ選出されました。ゴール・オブ・ザ・マンスは2016/2017シーズンに新設された新しい賞で、アーセナルの選手が受賞するのは今回が初めてです。

オーバメヤンは5試合5ゴールと大暴れして初受賞となりました。アーセナルの選手が月間最優秀選手賞を受賞するのは2015年3月のジルー以来となります。

ラムジーはアウェーのフラム戦で決めたヒール・ゴールが選出されています。

(ソース: Arsenal.com、Arsenal.com

 

最新の怪我人情報

ウェルベック

右足に重度の怪我。現在も入院中で検査を受けている。72時間後には新たな情報が分かる予定。

 

モンレアル

右ハムストリングの怪我。11日のウルブス戦前に状態を評価する。

 

■エルネニー

右太腿の怪我。1週間程度でフル・トレーニングに復帰できる見込み。

 

■コシエルニー

右足アキレス腱の怪我。すでにフル・トレーニングに復帰している。

 

■マヴロパノス

鼠蹊部の怪我。11月中にフル・トレーニングに復帰できる見込み。

(ソース:Arsenal.com

 

ホールディング:ウェルベックはタフだし僕らも励ましたい

先日のスポルティング戦で負傷交代したウェルベックですが、怪我の状態は深刻だと言われています。ホールディングは遥か後方にいた為そのシーンを見ていませんが、すぐに深刻な怪我だと分かったそうです。しかし、ウェルベックはタフなので力強く復帰できるはずだと語ります…

ホールディング

「その場面は見えなかった。僕はピッチの反対側にいたからね。だから、彼がどうしてそうなったのかは見てないんだ。でも、あの屈強なダニーが倒れ込んでいるんだから、何か深刻な事態が起きていることはすぐに分かったよ。彼は入院中だから様子を見守るしかない。」

「ここ数年の彼は怪我続きで本当にアンラッキーだと思う。でも、彼は本当に良い人で、周りにいる人達にも良い影響を与えてるんだ。だから、僕らとしては彼が少しでも早く復帰できるように励ましていきたい。彼は力強く復帰できるはずだ。」

 

過密日程のなかウェルベックが抜ける影響は大きいですが、それでも十分に対応可能だとホールディングは語ります…

「ここ3週間は試合があって2日間空いて、また試合があってという繰り返しだった。今はリカバリー・セッションが終わったばかりだけど、日曜日の試合へ向けて再び気持ちを高めていきたい。」

「チームには間違いなく勢いがあるし、週末の試合へ向けて一部の選手を休ませもしている。次の試合もまた勝ちに行きたい。僕も毎分しっかりと自分のやるべき事をやりたいね。調子も良いし状態も問題ない。僕としてはなるべく多くのプレー時間を手にしたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ:ウルブスには規律と才能がある

ウルブスを率いるヌーノ・サント監督とエメリ監督は、エメリがセビージャ時代にバレンシアを率いていたサントと対戦経験があります…

エメリ監督

「彼は経験豊富で優秀な監督だ。私の経験上、殆どのポルトガル人コーチにはとても競争力があり、非常に体系的な指導をするコーチ達だと思う。」

「ウルブスには規律があるだけではなく優秀な選手も揃っている。ここではあらゆる試合が非常に難しいので、我々はしっかりと準備を行う必要がある。そして、毎日の様に最高のパフォーマンスを発揮するためには、引き続き改善していくことが求められる。」

「ELの試合を終えたら直ぐに次の試合について考えている。何よりも重要なのはプレミアリーグだからね。そして、ベストなポジションに立つためには自分達のプロセスを完遂してしっかり成長する必要がある。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ