Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

エメリ:1-0で勝つより5-4で勝つ方が好きだ

浅野がハノーファーへローン移籍

アーセナル浅野拓磨ハノーファー96へシーズン・ローンで移籍すると発表しました。浅野は2016年7月にアーセナルに加入しましたが、直後からシュツットガルトへローン移籍し2シーズンを過ごしています。

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ新監督の挨拶

エメリの監督就任記者会見が行われ、その冒頭での挨拶です。

エメリ監督

「皆さんおはようございます。私はこの場にいることを光栄に思っています。そして、クロエンケ・ファミリーに感謝しています。私達はクロエンケ・ファミリーとの会合のためアトランタへ行きました。素晴らしい内容の会合でしたし、彼や彼の息子とも素晴らしいお話ができました。」

「会長や取締役会のメンバーの皆さんにも感謝しています。私達は月曜日の朝に会談を行い、彼らのアーセナルに対する愛情を感じることができました。その席上での彼らとの会話は私にとって非常に重要なものになっています。そして、アーセナル以上のクラブないと感じました。」

「また、イヴァン、ラウル、そしてスヴェンにも感謝しています。彼ら3人を含むアーセナルの人々の最初の会談はその3時間続き、私は彼らと共に仕事ができるのは素晴らしいことだと感じましたし、彼らとなら新たなアーセナルを創造していけると感じました。」

「そして、アーセン・ベンゲルと彼の残したレガシーにも感謝しています。世界中の全ての監督にとって彼は参考にすべき指導者であり、私もフットボールに関するあらゆることを彼らから学びました。」

「最後に、私はまだ英語があまり得意ではありません。サポーターに対して私のアイディアや野望について説明したいし、このチャンスにとても興奮していることをうまく伝えられる様に努力します。アーセナルはビッグ・クラブですし、ロンドンの街も素晴らしく、偉大なスタジアムもあります。そして、最高の選手達がここでプレーしています。」

 

なお、記者会見の大半は英語で受け答えが行われた様で、エメリの英語力にメディアも驚いていたそうです。

(ソース:Arsenal.com

 

エメリのプレス・カンファレンス

自身のスタイルについて…

「これまでのキャリアで、私は自分自身に様々な要求を課してきている。人々や選手達も様々な要求している。主役になるというのが私のアイディアだ。この個性を生かしてあらゆるチームと対戦して行きたい。アーセナルは伝統的にボール・ポゼッションを高めてプレーするのが大好きなチームだ。私もその個性が好きだし、ボールを持って主役になりたい。また、ポゼッションしていない時は、徹底的にプレッシングを行うことをスカッドに求めたい。ボール・ポゼッションとボールを持っていない時のプレッシング、この二つが主役になるために私が重視するものだ。」

 

エジルの重要性について…

「彼はアーセナルでも最高の才能を持った選手の一人であり、私もここで才能ある選手が欲しい。私は全ての選手達と時間を共有したいと思っている。私が(その選手に?)どの様なインスピレーションを感じているか、アーセナルへ来たことにどれだけ興奮しているかについて話したいと思っている。選手達にも同じ様に感じて欲しいのだ。これは素晴らしいプロジェクトだと思っているし、それを実行する為には全員が100%の力を発揮する必要がある。選手もそうだが、もちろん私自身もだ。」

 

ウィルシャーについて…

「今日はチーム全体のことについてのみお話ししたい。個別の選手についてはコメントを差し控える。全てのミーティングはイヴァン、ラウル、そしてスヴェンと共に行なっている。このチームはビッグ・チームであり、ビッグ・プレーヤーや素晴らしい選手達が揃っているが、小さな変化は必要だと思っている。つまり何名かの選手だ。だが、今日は私の働き方やスカッド全体のことについてのみ話したい。」

 

今の最優先事項やターゲットについて…

「今はあなただよ!笑 イヴァンをはじめとするここで働く全ての人々の会話は、クラブのあらゆる情報を得るという意味で私にとって非常に重要なものだった。私は我々がスカッドをどう改善すべきなのかを把握したい。選手全員のことを知っているし、すべての選手がとても重要だと思っている。すべての選手が私にとって必要であり、彼らと共に歩みたいと思っている。だが、まずは全ての選手達と個別に話したい。彼らと直接顔を合わせて話し合いたいのだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

目標とターゲットについて…

「私はここにいる選手達を信頼している。その才能を生かしてハードワークを行い、共に働くことが目標だ。ターゲットは優勝候補となりタイトルにチャレンジすることだ。2シーズン連続でCL出場権を逃しているクラブにとっては重要なことだと思う。プレミアリーグだけでなく世界でも最高のクラブやチームになることを願っている。」

 

このチャレンジの大きさについて…

「かなり大きなチャレンジになる。私はこれまでのキャリアで毎年の様に新しいチャレンジを行い成長してきた。私にとってのチャレンジとは夢が叶うことものだ。」

 

クラブをCLとプレミアリーグで優勝へ導くプランについて…

「我々は全体的、個別ともにあらゆることの改善へ向けて取り組みたい。全てのタイトルが我々にとって重要なのだ。我々にはそれが可能だと思っているし、それらの優勝候補になりたい。今日この場でタイトル獲得を確約することはできないが、タイトル獲得へ向けてハードワークを行うことはお約束する。我々は強い感情を持って共に働くことになるだろう。」

 

グァルディオラモウリーニョとの対戦をどれほど楽しみにしているか?

「私は現在と未来について考えている。これまでの経験が私をより強くすると思うし、今後の進むべき道を考える上での道しるべとなるだろう。ここへ来て世界屈指の監督やチームと対戦できることにとても興奮している。今はプレミアリーグが世界最高だと言っていいだろうからね。誰もが最高のリーグへ行きたいものだ。私は様々な監督と話をしている。それらはプライベートな会話だが、ここへやって来たからにはどんな情報も大歓迎だよ。」

 

ベンゲルの後任はどれほど難しいだろうか…

「大きなチャレンジになる。だが、私は他でも大きなプロジェクトに関わってきた。アーセン・ベンゲルの後任としてアーセナルで指揮を執れることを誇りに思っている。」

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ:1-0で勝つより5-4で勝つ方が好きだ
続きを読む

【アーセナル公式】ウナイ・エメリが新監督に就任

ウナイ・エメリが新監督に就任

アーセナルはウナイ・エメリと新監督就任で合意に達したと発表しました。契約期間は非公表です。エメリはセビージャをEL3連覇に導いたあとパリSGに引き抜かれ、今シーズンはリーグ・アン優勝を含む国内三冠を達成しましたが契約満了に伴い退任していました。

カジディスCEO

「彼はそのキャリアを通して輝かしい成功を収めるなど卓越した実績を誇っている。また、何名もの若手選手をヨーロッパ屈指の選手に育て上げ、エキサイティングなプレーと進歩的なフットボール・スタイルはまさにアーセナルにぴったりだと感じた。彼は勤勉で情熱的なアプローチを行っている。彼の価値観は我々を前進させるのに理想的な人物だ。」

「我々は水面下でデータやビデオの分析を行うと共に、多岐に渡るバックグラウンドの調査など厳しい審査を行なってきた。また、候補者全員と個人面談も行なっている。彼ら全員がアーセナルの監督というポストに興味を示していた。その上で我々は新たな歴史のスタートをウナイに任せることに全会一致で決定した。

 

スタン・クロエンケ氏(オーナー)

「ウナイをアーセナルの一員に迎えられることを嬉しく思う。彼は実績豊富な勝者だ。この仕事に相応しい人物であると確信しており、我々のファンやスタッフなどクラブに関わるすべての人々が望んでいるように、アーセナルを勝利へと導いてくれるだろう。」

「彼は面談などあらゆる選考プロセスで特に際立っていた。彼のフットボールに関する知識やエネルギー、決断力、そして試合に対する愛情などがそうだ。彼はアーセナルのことや選手達のこと、そしてプレミアリーグのことをよく理解していた。また、欧州大会で印象的な仕事を行なってきた。彼と我々は将来への展望を共有している。すなわち、アーセン・ベンゲルが築き上げたプラットフォームをベースに、このクラブがより大きな成功を収められる様に手助けすることだ。」

 

エメリ新監督

「最高の試合を行うクラブの一員になれたことに興奮している。アーセナルのことはよく知っている。そのプレー・スタイルは世界中で愛されているし、若手選手へのコミット、最高のスタジアム、クラブ運営の方法なども素晴らしい。私はアーセナルの歴史の中で重要な新章のスタートを切るという重責を任されたことにとても興奮している。スタンおよびジョシュ・クロエンケの二人と会ったが、彼らがこのクラブに大きな野心を持ち、将来への成功にコミットしていることは明らかだった。共に仕事ができることにエキサイトしている。そして、アーセナルを愛するすべての皆さんに、特別な瞬間と思い出を与えられることを楽しみにしている。」

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ政権が誕生しました!

今後が楽しみです! 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エメリはラムジーとオーバを中心としたチーム作りを構想?

2018/2019シーズンのホーム・キットを発表

アーセナルは2018/2019シーズンのホーム用シャツを発表し、オフィシャル・ストアでプレ・オーダーの受付を開始しました。販売開始は6月1日午前9時(現地時間)からとなります。

f:id:jaguar541:20180523055614j:plain

(ソース:Arsenal.com

 

エメリはラムジーとオーバを中心としたチーム作りを構想?

SKYスポーツによると、アーセナルの監督就任が間近に迫っていると報じられているウナイ・エメリが、(就任発表時に掲載される?)インタビューの中でラムジーオーバメヤンに対して期待しているという内容を語っているらしいです。

ラムジーアーセナルの契約は残り1年となっており、数ヶ月間に渡ってクラブと契約延長交渉を行なっているところです。そこにベンゲルの退任も重なったため去就が不透明になっているとの報道もあります。事実、昨日発表された新ホーム・キットのプロモーション資料にラムジーの姿はありませんでした。

同じくプロモーション資料に登場しなかったウィルシャーは、クラブとの契約が来月までとなっています。しかし、こちらは新たな契約で合意間近のようです。

(ソース:Sky Sports

 

エメリはクラブの補強方針に同意?

デイリー・エクスプレス紙によると、エメリはスカウト部長ミスリンタートを中心とするアーセナルの体制を受け入れたそうです。一時は監督候補最有力とされたアルテタは、クラブの補強資金が不十分であることやミスリンタートを中心とする補強システムに懸念を示したとされています。一方のエメリは、そもそもパリSGで補強に関して何の発言力もありませんでした。

アーセナルは今夏の移籍市場でドルトムントギリシャ代表CBパパスタソプーロスレバークーゼンのドイツ代表GKブレント・レノ、そしてMFを1名補強する方針だとされていますが、エメリはこれに同意しているとのこと。

(ソース:Daily Express

 

選手がエメリの哲学を理解できれば勝てる
続きを読む