Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウルグアイ代表MFをもう一人狙う?【アーセナル移籍ゴシップ】

ウルグアイ代表MFをもう一人狙う?

イタリアでの報道によると、アーセナルユベントスウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(21)の獲得に動いているらしいです。エメリが以前から注目している選手だとか。アーセナルはすでにウルグアイ代表としてW杯でも活躍したトレイラを獲得しており、ベンタンクール獲得が実現したらウルグアイ代表から二人目の補強となります。

ユベントスは最近、レアル・マドリーからクリスティアーノ・ロナウドを、およそ153億円の移籍金で獲得していることから、選手の売却に踏み切ると噂されています。なお、ベンタンクールにはバルセロナも興味を示しているそうです。

(ソース:Daily Star

 

ナイジェリアの億万長者がアーセナル買収に動く?

以前から度々アーセナル買収に動くことを公言しているアフリカ屈指の億万長者でナイジェリア人のアリコ・ダンゴート氏が、再びアーセナル買収に動くとファイナンシャル・タイムズに語ったそうです。フォーブスによるダンゴート氏の資産額は141億ドル(1兆5,840億円)で、アーセナル買収には問題のない資金力です。

ダンゴート氏はアーセナルの資産価値を20億ドル(約2,248億円)と見積もっているらしく、これは2016年にフォーブスが試算したアーセナルの市場価値と同じ額です。

ダンゴート氏

「私はアーセナルが大好きだし、間違いなく買収に動くだろう。」

「私が買収したら、サポーターの期待を高める必要がある。」

 

現在クラブのオーナーであるクロエンケ氏は、クラブ売却の意思を表明している訳ではありません。フォーブスによるとクロエンケ氏の資産額はダンゴート氏より40億ドル(約4,500億円)ほど少ないですが、アーセナルを売却しなければならない状況ではありません。

 

ただ、ダンゴート氏がアーセナル買収にこだわるのは、純粋にフットボール・チームのオーナーになることが夢だからではないとナイジェリアの新聞パルス紙が指摘しているようです。ダンゴート氏は以前「問題は、ナイジェリア中の全てのクラブを買収しても、ナイジェリアの国旗はここに残るだけだ。しかし、アーセナルを買収すれば世界中にナイジェリアの国旗が広がる。(チェルシーのオーナーである)ロマン・アブラモビッチについての話題が出るとき必ず彼の母国の名前も出てくる。そして、あらゆる人々が彼がロシア人だと知っている。」とコメントしており、この発言からもフットボール・チームのオーナーになることが真の目的ではないと報じているそうです。

(ソース:90min.com

  

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親善試合:ボレアム・ウッド vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

親善試合

ボレアム・ウッド 0−8 アーセナル

 

《得点》

ボレアム・ウッド:

アーセナル:7’&9’&17’オーバメヤン、35’ネルソン、39’ラカゼット、53’エンケティア、71’レネ=アデレード、79’ムヒタリアン

 

【出場メンバー】

チェフ

ベジェリン

パパスタソプーロス

マヴロパノス

オセイ=トゥトゥ

メイトランド=ナイルズ

ウィロック

ネルソン

ラカゼット

オーバメヤン

スミス=ロウ

 

=ベンチ=

ムヒタリアン

ラムジー

ホールディング

ムスタフィ

チャンバース

レネ=アデレード

エンケティア

ジェンキンソン

マルティネス

ルーカス

グエンドゥジ

コラシナツ

アクポム

 

オーバメヤンの試合後のインタビュー

ハットトリックについて…

「とてもハッピーだ。今日の試合で重要なのはチームとしての動きだと思う。前半のオレらは最高の仕事ができていたからオレも本当にハッピーだ。全員が良いプレーをしていたからね。これは良いことだよ。」

 

チームの形は残っていて、フォワードが(チャンスを)創り出しているね…

「Yes、それもプランのうちなんだ。もちろん、オレらもしっかりプレッシングを試みているけど、全員が自分が何をすべきなのか分かっている。そこが大事なんだ。監督がきて最初の2週間は順調に進んでいるし、オレらも毎日ハードワークをして改善に務めている。」

(ソース:Arsenal.com

 

チャンバースの試合後のインタビュー
続きを読む

エメリが今夏の補強について語る【追記】

ロリアンからグエンドゥジを獲得

アーセナルロリアンからU-20フランス代表MFマッテオ・グエンドゥジ(19)を獲得したと発表しました。移籍金ならびに給与は非公表です。グエンドゥジはパリSGのアカデミー出身で、その後ロリアンのアカデミーへ移籍しています。そして、2016年に17歳でトップチーム・デビューを飾ると、その後はコンスタントに出場機会を得て通算30試合に出場しています。

エメリ監督

「我々はマッテオの加入を嬉しく思っている。彼は才能溢れる若手選手であり、数多くのクラブが興味を示していた。大きなポテンシャルを持っていて、昨シーズンはロリアンのトップチームで素晴らしい経験を積んでいる。彼は向上心を持っているので、我々のスカッドで重要な役割を果たしてくれるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

 

グエンドゥジのインタビュー

マッテオおめでとう!アーセナルに加入した今の気持ちは?

「すごく誇りに思うよ。アーセナルは常に僕の心の中にあって、子供の頃からいつか入団したいと思っていたクラブだからね。それだけに、もの凄く誇らしいし、まだ信じられないくらいだよ。ここで活躍できることを願っている。これほどの歴史を持つアーセナルの様なクラブは少ない。とても誇りに思うよ。」

 

アーセナルでどんなことを成し遂げたい?

「トップ・プレーヤーになりたい。たくさんの偉大な選手がここでプレーしているからね。素晴らしいことを成し遂げて、アーセナルの歴史の一部になりたいんだ。僕はとにかくタイトルを獲得したい。そして、自分のポジションを確立したい。さっきも言ったように、僕にとってトロフィーを獲得することは凄く重要なことだし、アーセナルでそれができたら最高だね。」

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ監督のプレス・カンファレンス
続きを読む