読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL フェネルバフチェ戦へ向けて、怪我人情報

UEFA CL 08-09

■ストーク戦の敗戦で負った傷が癒えぬうちにフェネルバフチェを迎え撃つ

アーセナルアーセナルの選手はタックルする勇気もない、などと一部に

書かれたことにベンゲルは大激怒しています…

マイクベンゲル監督

「試合に負ければ色々と言われるものだ。 いくつか正しい指摘もあるが、殆ど

は的外れなものだ。」

「私に残されているのは、(批判が)的を得ているかどうかを判断することくら

いだ。 私は自分の目で見て、肌で感じたことを信用する。 言いたい事は

わせておいて、我々は落ち着き、集中してピッチの上でやるべき事をやる。

それがとても重要なことだ。」

「チームが勇敢ではなかったという記事を読んだ。 だが、私に言わせれば

選手達は勇敢だった。 ボールを意図的に外へ出したりせずに、後ろから

タックルを受けることを知った上でフットボールをするには勇気が必要だ。」

「タックルをする方が勇敢なのではない。 それに向かっていくフットボール

する選手が勇敢なのだ。」

「土曜日は負けてしまったが、ストークには賛辞を贈らせてもらう。 彼らは

素晴らしいパフォーマンスを発揮していた。 選手たちが臆病者だったから

負けたと言うのは馬鹿げている。」

「例えば、勇敢なのはウォルコットに後ろからタックルした選手であって、ウォ

ルコットではないという風潮さえある。 それは正しくない。 私はそれををハッ

キリさせたい。 後ろからタックルする選手が勇敢なのではない、むしろそうい

う選手こそ臆病者だ。」

(ソース:Arsenal.com

ギャラスウォルコットアデバヨル、エブエがフェネルバフチェ戦を欠場すること

になるそうです。 その代わりサニャが復帰するようです。

マイクベンゲル監督

ウォルコットギャラスアデバヨルは故障している。 ただ、それほど重大な

怪我ではない。 ギャラスウォルコットは短期だが、アデバヨルはもう少し掛

かる。 エブエはもっとだ。」

「(週末のマンU戦は)ギャラスウォルコットが復帰できるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

ウォルコットアデバヨル共に大怪我でなくて良かったですね。

でもアデバヨルは1週間以上掛かりそうか…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。