読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

エドゥアルドは順調に回復、ロシツキーは手術を受けてEURO欠場

怪我人情報

まずは、治療のため現在ブラジルに帰国中のエドゥアルドですが

復帰は可能な様です…

マイクベンゲル監督

「専門の医療チームによれば、彼の怪我は完治するそうだ。 我々としては

完治した後に問題が起るとは思っていない。 だが、彼が再びタックルを

受けた時に、どれほどの影響があるかは、今の段階ではなんとも言えない。」

「医学的には問題ないと確信しているし、彼は再びプレーできる。 だが、その

あと彼が古傷とどう付き合っていくのか? 彼はタフな男だし、私は彼が上手

く付き合っていけると信じている。」

「現在はリハビリが始まる前に、彼の生まれ故郷であるサンパウロへ行かせ

た。 サンパウロには彼も知っている腕の良い理学療法士が居て、彼がエドゥ

アルド世話をしてくれてる。 シーズンの初めにトレーニング出来る状態な

ら、もちろん彼は戻ってくる。」

「完全に試合復帰できるまで6ヶ月掛かると考えている。 だが、彼がトップ・

ベルのプレーが出来る様になるのは、(怪我をしてから)9ヶ月は掛かる

だろうね。」

(ソース:Arsenal.com)

続いて、手術を決断したロシツキー。 EUROを欠場し、復帰には2ヶ月以上

かかる見込み…

マイクロシツキー

「復帰の目処は立っていない。 復帰時期は手術後に分かると思う。 損傷の

具合を医師が見て判断するよ。 手術は靭帯を骨から剥離するものだ。

だから、リハビリには最低でも2ヶ月掛かるだろうね。 最後の瞬間まで、手術

しないで済むと信じていたんだけどね。 10年間ハイ・レベルなフットボール

してきたけど、これは僕にとって最初の大きな怪我だよ。 今回のことは、単

とてもアンラッキーだったと思ってる。」

EURO欠場やアーセナルでシーズンを通して活躍できなかったことについて…

「僕にとっても凄く残念だ。 僕は今シーズン、大きなプランを持ってたんだ。

シーズン当初は凄く良かった。 僕はいつもゴール数が足りないと言われる

だけど、ゴールを決め始めたんだ。 EUROだけじゃなく、アーセナル

試合に出れないことにとても落胆している。 残念ながら、これがフット

ボールなのかもしれない。 僕のキャリアの中で最悪な時期なのは間違い

ないね。」

(ソース:Sky Sports)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。