読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

来季のCLについて、8月にはより強くなっている−ベンゲル

2007-2008シーズン

シーズンを3位で終えたことでCL出場権を獲得しました。

しかし予備予選からの参加となるので…

マイクベンゲル監督

「今年はEUROがあるからね、来季は危険な予選になるよ。 何人かの選手に

休養を与える必要があるし、予選へ向けた準備をする時間も限られてしまう。

年を重ねるごとに予選が厳しくなっている。 東欧の国々は豊富な資金力で

良い選手を買うので競争がより厳しくなる。 そのため、東欧のクラブとの

試合は危険だよ。」

「それが今シーズン、ネガティブな影響を与えたとは思っていない。 予選を

戦うことで、シーズン開幕時にプレミアの試合で負けるかもしれない。 だが、

今季も開幕直前に試合があったが、プレミアの試合は落とさなかった。」

今年はEUROに加えW杯アフリカ予選もあるが…

「まだ何とも言えないが、EUROには10〜12人のプレーヤーが選ばれるだ

ろう。アフリカ予選が終わるのが6月21日だ。 彼らはいつも夏にアフリカ・

ネイションズ・カップを開催できないと言っている、なのに全てのW杯予選を

夏にやるんだ!」

続いて、昨シーズンより15P多く獲得した今シーズン。

チームは強くなっているのか…

マイクベンゲル監督

ウォルコットベントナーが、シーズン開幕時より成長していることを忘れ

てはいけない。 また、ファン・ペルシロシツキーはシーズン中に怪我が

多かった。 彼らは毎シーズン、怪我で出れない訳じゃない。 よって、我々

のレベルが落ちているとは思わない。 昨シーズンは68Pで今シーズンは

83Pだ、どちらも良い成績だよ。 大事なのは、今から来季へ向けて成長

していくことだ。」

(ソース:Arsenal.com)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。