読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

レアルもフレブが欲しい&ランドールのインタ

2007-2008シーズン

レアルのベルント・シュスター監督がフレブが欲しいとコメント

マイクシュスター監督

「改善がすべきポジションが2〜3ある。 バランスを取るためにも強化が

必要だ。 過去2ヶ月間、我々に何が必要か計画を立てていた。 だが、

今はフレブが欲しい。」

「彼がアーセナルを去るなんて思っていなかったが、つい先日からそう

なりそうだね。 彼が移籍するということに驚いた。」

(ソース:Sky Sports)

続いて、バーンリーへのローンから復帰したマーク・ランドール(18)。

バーンリーで多くのことを学んだと語ります…

マイクランドール

「僕はフィジカルも強くなったし、ハードワーカーになって戻ってきた。 それ

バーンリーで学んだんだ。 サンダーランド戦に出場したとき、ローンでの

経験に助けられたのは間違いないよ。」

アーセナルの選手として、またプロとして成功するためにたくさんの練習が

必要なのは分かってる。 色んな犠牲を払ったけどいまはとても幸せだ。」

「FAユースカップ決勝に出れれば、僕も良かったと思う。 僕は時々、リザー

ブ・リーグでプレーし続けたくないと思っていた。 僕らがFAユースカップで

敗退したあとで僕らが決勝でプレーするに値しないとは思わないけど、栄光

に対するチャレンジが足りなかった。 だから僕が他の試合で鋭さを発揮で

きれば良いと思ってる。」

「僕が再びローンに出されるって話は聞かないね。 僕が必要とされている

幸せなことだよ。 アーセナル以上にヤングスターを育てられるクラブは

無い。 僕の年代にとって最も良いクラブだよ。 設備・コーチング、全てが

ヤングスターを育てる為にある。 だからここのトップ・チームへ進む道の方

が良いけど、育成の一環としてローンが行なわれているのも分かってるつもり

だよ。」

(ソース:Arsenal.com)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。