Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ギャラスがWBA戦を欠場へ-アーセナル怪我人情報

■足首のトラブルでギャラスWBA戦を欠場することが明らかになりました。

また、ウォルコットは全体練習に復帰しているものの、復帰するにはまだ早い

ようです…

マイクベンゲル監督

「ウィリアムは明日の試合を欠場する。 足首に問題を抱えているので、治療

専念させたいからだ。 日曜日の試合には出られるだろう。 ギャラス以外

に欠場する選手は居ないが、復帰する選手もいない。 ジュルーがCBに入

ることになるだろう。」

「バーンィとの試合まで5日あるので、多くのローテーションを行なう必要はな

い。 1~2人はあると思うが、チームのバランスが失われない程度の小規模

なローテーションになる。」

「テオは良くなっている。 今はトレーニングで接触プレーに慣れる必要がある

が、状況はポジティブだと思う。 エドゥアルドやアデバヨルは、僅かながらバ

ーンリィ戦で復帰できる可能性がある。 おそらくバーンリィ戦は非常にタイト

な戦いになると思う。 (復帰の)チャンスは僅かだ。」

「セスクとロシツキーは復帰まであと3週間だろう。」

(ソース:Arsenal.com

ウォルコットの復帰が近いようで何よりです。 ウォルコットの突破力がチームを

ゴール欠乏症から救うキッカケになってくれると良いですね~。

アデバとドゥドゥはもう少し掛かりそうですが、この感じだとローマ戦での復帰も

ちょっと厳しそうですね…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。