Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ロシツキーが全体練習に復帰!

■インフルエンザのため欠場していたアルシャビンが復帰しました。

しかし、アルムニアはまだ足首を痛めており、マン・U戦も欠場するようです…

マイクベンゲル監督

アルシャビンは全く問題ない。 ギャラスクリシー、エドゥアルド、そして

アルムニアは欠場するけれど、それ以外の選手は全員出場できる。」

アルムニアはストーク戦で復帰できるかもしれない。 ストーク戦には、

ストークとの対戦経験が最も多い選手たちに出場して欲しい。 つまり、

彼が出場可能ならプレーするだろう。」

(ソース:Arsenal.com

■週末に再びマン・Uとの対戦を控えるなか、ここまでポイントが離されたのは守備

力の差だとベンゲルは分析します…

マイクベンゲル監督

「(マン・Uとの)18P差を付けられたことを反省し、じっと耐えなければならな

い。 世間は序盤戦で躓いたことを忘れている。 我々はあまりにも多くのポイ

ントを落としすぎた。 マン・Uは世界チャンピオンであり欧州チャンピオンだ。

そして、イングランド・チャンピオンにもなるだろう。 全員がそれを跳ね除け

て、来シーズン復活しなければならない。」

「我々は非常に結束したチームであり、約束された将来が目の前に来ている。

2チームの統計をみても、ゴール数は殆ど同じだ。 ゴール前と相手陣内に

けるパスのクォリティは、マン・Uと同じくらい良いものを持っている。 我々

失点が多く、それがポイント差となって現れている。」

「我々は36失点だがマン・Uは24失点だ。 そして、我々は64得点でマン・U

は67得点だ。 攻撃面に差は無いと思っている。 守備力に違いがある。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは改めて、夏の移籍市場で大量の選手を獲得することを否定します…

マイクベンゲル監督

「私にクラブを破綻させて欲しいのかもしれないが、私はそんなことする人間

はない。 それは断言できる。」

「全ての監督が自身の選手達を管理するために、同じ問題を抱えていると思

ている。 私が資金を出し渋っているように見えるかもしれない。 だが、支

出できる資金無いのだ。」

「競争豊かなチームになっていると思うし、そうなることを望んでいる。 常に

源内でクラブを管理するのだ。 私はそうしている。」

「このチームとチームが見せて来たものを信じているし、それを見れば私も

非常楽観的になる。 選手達は相手を打ち負かすだけのクォリティを持っ

ている。」

「もし今のチームに1~2名の選手を加えられるのであれば、我々はそうす

だろう。」

(ソース:Arsenal.com

■昨年の1月26日に負傷して以来、実戦から遠ざかっているロシツキーが16ヶ月

ぶりにトップ・チームの全体練習に復帰しました…

マイクベンゲル監督

「実は、今日初めてロシツキーが(全体の)トレーニングに復帰する。 だが、

当然まだプレーすることは出来ない。」

(ソース:Arsenal.com

■全体練習に復帰したロシツキー。 来シーズンへ向けてバカンス返上でトレーニン

グに励む決意のようです…

マイクロシツキー

スカッドに復帰できて凄く嬉しいよ。 正直なところ、少しナーバスになってた

んだ。 長い間離脱してたから、何が起るか予想できないからね。 以前と同

じ様な試合を捉える感覚を持てるかどうか分からない。 けど、復帰できて良

かったよ。 僕もチームと同じく、全力を尽くしてきたからね。」

「医療スタッフと僕にとって辛い時間だったよ。 医療スタッフには感謝してる

けれど、またメディカル・ルームに逆戻りしないことを願うよ!」

「もちろん、100%の状態に持っていくために、まだまだやらなきゃ行けない

ことがたくさんある。 僕は他の選手たちの様なバカンスを過ごさないと思う。」

「(フィットネス・コーチの)トニー・コルバートに、そうするだけで違ってくるって

言われたんだ。 長いこと欠場してたからね、僕もそうしよと思ってた。」

「僕は再びトレーニングを始めた。 もう立ち止まりたくない。」

(ソース:Arsenal.com

ロシツキーが遂に全体練習に復帰!ヽ(´ー`)ノ

来季の活躍を期待してます!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑