読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:オリンピアコス戦後のインタビュー

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイク今日の結果について…

マイク「傑出したクォリティにより前半は非常に素晴らしく、とても満足している。

残念ながらアドバンテージを得られず、前半は0-0で終えてしまった。 90

分間、あのようなペースを維持するのは難しい。 後半はフィジカルが少し

下した。 流れは良かったがね。 重要なのはミスを犯さず、深く切り込むこ

で相手の体力を低下させ、ラスト20分でそのアドバンテージをものにする

とだ。 我々はそれを成し遂げた。 試合は最初から最後まで我々が支配

いたけれど、オリンピアコスは非常に強固な守備だった。 彼らはよく組

訓練されており、90分間全力を尽くしていた。」

マイクニコポリディスオリンピアコスGK)のパフォーマンスについて…

マイクオリンピアコスのGKは優秀なだけではなく、インテリジェントだ。 彼は

全て(のシュート)を読んでいる。 なぜ彼が長いことギリシャ代表でプレー

出来てるのか理解できた。 彼は私が最近観たなかで最も優れたGKの

一人だ。 土曜日のマンノーネと同様に素晴らしかった。」

マイクオリンピアコスのディフェンス・アプローチについて…

マイク「彼らは引いて相手を迎え撃つチームなので、予想の範囲内だった。 非

常に強固な守備だったので、我々も少々動揺した。 恐らく、我々が彼らを

陣に押し込めていたので、彼らも出てこなかったのだろう。」

マイクアルシャビンについて…

マイクオリンピアコスのように、自陣に引いて10人で守っているチームと対戦

するときは、非常に限られたスペースでプレーの出来る選手が重要だ。 アル

シャビンはそういうプレーのスペシャリストだ。 今夜の彼は動きもキレており、

判断も良かった。 こういうタイプの試合だと、彼は常に脅威となれる。」

マイク非常に厳しい試合が2つ続いたことについて…

マイク「我々は5日間休養がとれる。 いつだって2試合も続くと厳しい。 フルハ

戦は非常にキツくて、後半になるとフィジカルが落ちていた。 どんなチー

ムであっても、我々と同じペースでクォリティを維持するのはとても厳しいは

ずだ。」

マイク相手を甘く見なかったことについて…

マイクオリンピアコスは10年間、CLでプレーしている。 クォリティがあるから

だ。 欧州大会は何処と対戦しても難しい試合になる。 今夜の結果を見ても

かるだろう。 このレベルにおいて、失点せずに勝利できることは常に素晴

しいことなのだ。」

マイクファン・ペルシについて…

マイク「ロビンがアーセナルへやってきた時は、世界的に有名な選手たちのよう

ビッグではなかった。 アーセナルには、ここで有名になった何人もの優れ

選手たちがいる。」

マイク大型補強を行なわないことについて…

マイク「今夜プレーしなかった選手達をみれば、我々が選手補強に走らない

由が分かるはずだ。 クラブの決算も良かったので、人々は直ぐに補強に生

かして欲しいのだろう。 だが、現在は移籍市場が閉まっており、選手を獲得

することは出来ない。 選手を買いたくても、ウェイトローズ(イギリスのスー

パーマーケット)では買えない。 移籍市場が開いている時だけ、選手を獲得

できるのだ。」

マイク終盤でのゴールについて…

マイクオリンピアコスとそのGKが90分間集中を維持するのは難しいと思っ

いた。 常に希望は持っていたけれど、一時的に4-4-2でプレーしたのも

事実だ。 相手に捕まってしまう可能性もあったし、こういうのは常にギャンブ

ルだ。 我々は冷静さを保ち、前へ出続けていたと思う。 そのことには非常に

満足しているし、今夜の我々のパフォーマンスにおいて気に入っていること

は、我々が常にチームの統制を保ってプレーしようとしていたことだ。 我々

がクレイジーなことなど何も無かった。 我々が成熟していることを示せた試

合だったと思う。」

マイクエドゥアルドについて…

マイク「エドゥアルドはクォリティのある選手だ。 彼は筋肉に少々問題を抱えて

いたので、スタメンには適当ではなかった。 ベンチ入りさせてはいたが、我々

は怪我を恐れていた。 しかし、彼に勝る戦力は無かったし、彼も力を発揮して

いた。」

マイクファンについて…

マイク「今夜の観客は非常に素晴らしかった。」

マイクウォルコットの復帰について…

マイク「我々はオリンピアコスのU-20と試合をし、彼は60分間良いプレーを見

ていた。 日曜日には我々とイングランド代表とでプレー可能となるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルのインタビューにもあるように、CLに合わせてアーセナルオリンピア

スのリザーブ・チームの試合が行なわれ、この試合でウォルコットが実戦復帰しまし

た。 スタメン出場し、60分に退いています。

(ソース:Arsenal.com

■今週の木曜日にベンゲルはジョージ・アリソンと並び、チーム史上最も長く指揮

を執った監督になります。 ベンゲルが13年前にアーセナルへ招聘されたとき外国

人監督は非常に少なく、メディアも「アーセンって誰だ?」という感じで歓迎ムードと

は言えませんでした。 ベンゲルは13年前を振り返り、自分を招聘した当時の取締

役会はクレイジーだったと語ります…

マイクベンゲル監督

「異国の地で働くというのは決して楽ではない。 もともと必要とされてないの

だから当然だ。 現在では考えられないだろう。 今となっては外国人監督が

レッド・カーペットで迎えられている。 私が就任した当時では考えられない

ことだ。」

イングランドでは外国人監督は成功しないと思われていた。 だが、現在

外国人監督でなければ成功しないと思われている。 どちらも大間違いだ!」

「今思うと、役員たちにとっては賭けだったと思う。 私にとっても驚きだった。

当時からすると、アーセナルの行動は少々クレイジーだったと思う。 私は

名声も実績も無い外国人だ。 クレイジーだと言えるが、勇敢だったとも

える。 だが、私はアーセナルがサポートしてくれたことは幸せだと思っ

いるし、成功にはチームの支えが重要なのだ。」

アーセナルのキャリアにおいて最高の瞬間は?

「無敗のシーズンだ。 選手補強に大金をつぎ込むチームは多いけれど、

どのチームも無敗は達成していない。」

逆に最悪の瞬間は?

「最近の話しになってしまう。 昨年のCL準決勝で自分たちの力を出せずに

敗れたことだろうか。」

(ソース:Arsenal.com

■ミラー紙によると、ベンゲルアトレティコ・マドリーのU-18スペイン代表FWケコ

(本名:セルヒオ・ゴンタン/17歳)の獲得を画策しているようです。 ケコはアトレティ

コ・マドリーでフェルナンド・トーレス以来の才能の持ち主と絶賛されている逸材です。

既にリーガの試合に出場していますが、まだアトレティコとプロ契約は結んでいな

いようです。 ベンゲルはセスクやメリダを獲得していることからも分かるように、ス

ペインに強力な偵察ネットワークを持っています。 今回もそのネットワークを通じ

て獲得に動いているようです。

(ソース:Mirror

いや~、オリンピアコスの守備は鉄壁でしたね。

一時はスコアレスドローもありそうな雰囲気でしたが、なんとかゴールをこじ開け

れて良かったです(´ω`)

そしてウィガン、フルハムオリンピアコスと3戦連続クリーンシートです!

週末のブラックバーン戦も無失点を維持したいですね。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑