Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

マン・C戦へ向けて

■ファンが選ぶプレーヤー・オブ・ザ・マンスに、新加入のフェルマーレンが選ばれ

ました。 ベンゲルはファンの選択は正しいと語ります…

マイクベンゲル監督

フェルマーレンのクォリティに対する認識は正しいと思う。 確かに少々驚か

れるところはあった。 ファンの人達も、アーセナルへ来る前は殆ど無名だ

ったこともあり、直ぐに馴染んで機能するなどとは期待していなかったと思う。

だが、月間最優秀選手賞に値する活躍だった。」

「(得票率)第2位はギャラスだ。 これは、ディフェンス陣が安定していること

示している。」

「移籍市場では我々の振る舞いによって、ファンの人々を心配させてしまっ

た。 だが最終的には、フェルマーレンを獲得したことが慰めとなるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

■FIFAによるチェルシーの補強禁止処分に関連し、ローティーンの選手の海外

移籍に関する議論が白熱しています。 セスクなど海外のクラブから有望な若手

を獲得することでチームを運営しているベンゲルは、昨日に引き続き持論を展開

しています…

マイクベンゲル監督

「メッシの活躍がFIFAの戦いに対する良い反証だ。 バルセロナは12歳の

時にメッシをアルゼンチンから獲得し、彼の医療代金を支払うと共に家族を

全員呼び寄せた。 それが良いのか、悪いのかを尋ねることは構わないけれ

ど、現在のメッシは世界最高の選手になっている。」

「彼はバルセロナで素晴らしい教育を受け、医療の保護も受けていた。 それ

を禁じるべきなのか? たぶん、メッシならアルゼンチンでも良い教育を受け

ていたと思うけれど、全ては彼の意思なのだ。」

「ファブレガスに関しては、彼はアーセナルで時間の浪費をしている訳では

ない。 だが、彼はバルセロナのU-17でプレーしていたかもしれない。 我々

にとっては、バルセロナの乱雑なユース期間が好都合だった。」

(ソース;Arsenal.com

■4−3−3の新フォーメーションが上手く行っているとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督

「今のところ、4−3−3は納得の行く出来となっている。 我々の攻撃スタイ

試合展開からすれば、少なくともこのまま継続していく価値はある。」

(ソース:Arsenal.com

■今夏にマン・Cへ移籍したアデバヨルですが、過去の移籍騒動などの影響に

よりファンからは近年稀にみる絶大な不人気でした。 しかし、ベンゲルはアデバ

ヨルのアーセナルに対する貢献に敬意を示すべきだとファンを戒めます…

マイクベンゲル監督

「我々は彼と一緒にプレー出来たことに、とても満足している。 選手がここ

やってきた時は、自分たちの時間を浪費していないことを示す。 そして、

彼らは上手く成長して行く。 アデバヨルは短時間しかなかったにも関わら

ず、上手く成長した。」

「昨シーズンはある段階でグレーエリアがあった。 それは『移籍するのか、

ないのか?』という問題だ。 それが理由だ。」

「私としては、過去に所属した全ての選手たちをリスペクトして欲しい。 彼

はクラブの為に尽くしたのだから、リスペクトされるべきだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルアデバヨルが移籍したことで若手に道が開かれたと感じている

ようで、両クラブにとって良い取引だったと語ります…

マイクベンゲル監督

「マン・Cは偉大なストライカーを獲得し、我々は適正な金額を受け取った。

今や我々には、出場機会を得ることが出来る若手選手が何人か居る。」

「常に『アデを引き留めるか?』ではなく、『彼の後に続く(若手)選手を失わ

ないか?』を考えていた。 もし彼らに出番がなければ、移籍したいと思うだ

ろう。 そのため、こういう決断も必要なのだ。」

「それはつまり、『我々には16、17歳から育ててきた選手を、出場機会が

無いと言うことで失う余裕があるのか?』ということだ。」

(ソース:Arsenal.com

色々と因縁のあるマン・Cですが、何としても勝ちたいところですね。

マンチェスターで2連敗は避けたい…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑