Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:スタンダード・リエージュ戦の結果

−CL グループ H −

スタンダード・リエージュ 2−3 アーセナル

得点:2’マンガラ、5’ジョバノビッチ(PK)、45’ベントナー、77’フェルマーレン

81’エドゥアルド

【出場メンバー】

マンノーネ

エブエ → 80’サニャ

ギャラス

フェルマーレン

クリシー イエローカード

ディアビ

セスク

ソング

ロシツキー → 70’ラムジー

ベントナー

エドゥアルド → 83’ウィルシャー

試合後のインタビューは後ほどUPします。

■プレミア・リーグは来季から25名の登録選手のなかに、イングランドまたはウェ

ールズで育成された選手8名が含まれなければならないという育成枠(※UEFA

主催大会と同様の基準だと思います)の導入を決定しています。

プレミア・リーグのスカンダモア会長は、育成枠の導入により若手の育成が促進

され、各クラブが選手育成に力を入れるだろうとの見解を示しています。 しかし、

ベンゲルはこれに真っ向から反論します…

マイクベンゲル監督

「私は何度も言っているように、育成枠には反対している。 世界最高のリ

グで最高の選手に来て欲しいと思ったら、扉が開かれていなければならな

いと感じている。 競争を受け入れると言うこと(競争の世界で生きると言う

こと)は、不自然なルールを受け入れると言うことではない。 私が育成

反対しているのは、そういう理由からだ。」

(ソース:Arsenal.com

■開幕前の否定的な見解を吹飛ばし、ビッグ・ネーム=ビック・プレーヤーではない

ことを証明したフェルマーレンベンゲルはこれまでヴィエラリュングベリ、セスク

など多くの埋もれた才能を発掘していますが、フェルマーレンもその一つに加わる

ことでしょう。 そんなフェルマーレンがプレミア・リーグの印象を語っています…

マイクフェルマーレン

「プレミア・リーグは、世界で最も大きなリーグだと思う。 何が起るかみんな

注目してるからね。 場合によってはビッグ・サーカスのようだよ。」

CLで母国に凱旋することについて…

「昨年、アヤックスはCL出場権を逃がしてしまった。 チームとしてプレーす

準備が出来ていなかったんだ。 僕らは若かったからね、厳しかったよ。

けど、どんな選手も常にハイ・レベルなプレーをしたがるんだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは、エドゥアルドのダイブ騒動が起きてからと言うものの、本来ならPK

なのにも関わらず、その全てが見逃されるようになったと指摘します…

マイクベンゲル監督

「マン・U戦では、アルシャビンが倒れた場面でPKが見逃さ、それが結果に

直結している。 シティ戦ではバリーのPKが見逃されて、結果に影響を与え

ている。」

(ソース:Arsenal.com

ファン・ペルシに対する暴力行為が問題となっているアデバヨルですが、それ

に加えゴール後にアーセナル・ファンを挑発すようなセレブレーションを行った点

も問題視されています。 どう判断するかはFA次第だとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督

「どうなるかは分からないけれど、この問題にどう対処するかはFA次第だ。」

アデバヨルの行為に驚いたか?

「彼の行為が人として良いか悪いかを定義するつもりはない。 私はアデバ

ヨルのケースに関して、あーだこーだと指図したくないのだ。 私は、我々の

次の試合に集中する。」

(ソース:Arsenal.com

■FAの公式発表 によるとアデバヨルの行為を調査していたFAは、アデバヨル

ファン・ペルシに対する行為が暴力的なダブルチャージであると認定したようです。

主審を務めていたクラッテンバーグ氏は現場を直接見ていませんが、後に映像で

確認し直接見ていたら退場にしていたと認めたそうです。 また、ゴール後に行なっ

た暴動を誘発する危険のあったセレブレーションについては、スタジアムを警備し

ていたマンチェスター警察からの報告書などを元に別の委員会が調査を行なって

いるようです。

Daily Mailによると、マン・Cはダブルチャージの判断を”不本意ながら”受け入れ

ると声明を発表しており、アデバヨルへの3試合の出場停止処分が確定しました。

(ソース:Daily Mail

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑