読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミア:マン・C戦の結果と試合後のインタビュー

-プレミア・リーグ

アーセナル 0-0 マンチェスター・シティ

得点:

【出場メンバー】

ファビアンスキー

サニャ

キャンベル

シルベストル

クリシー

ロシツキー → 68’エブエ

ナスリ

ウォルコット → 68’ベントナー

ディアビ イエローカード

ソング イエローカード

ファン・ペルシ イエローカード

-ベンチ-

マンノーネ

イーストモンド

トラオレ

ヴェラ

エドゥアルド

ベンゲル監督 試合後のインタビュー

マイク0-0でのドローについて…

マイク「あまり見慣れない内容だった。 なぜなら、我々は殆どチャンスを作れなかったし、マン・Cに至っては何もチャンスがなかった。 彼は守備にとても集中していたよ。 彼らは我々に全くスペースを与えなかったし、我々も突破口を見つけられなかった。 我々が突破口を作れない限り、試合がロックされた状態になるのは当然だ。 チャンスらしいチャンスが殆どなかったよ。 2チームともよく守備していたし、非常に統率が取れていた。 だが、そのためチャンスが生まれなかった。」

マイクシティが攻撃してこないことに驚いたか…

マイク「彼らはエミレーツで1Pを獲得し、トテナムに勝利すれば良いと考えたのだろう。」

マイクトップ3でシーズンを終えることについて…

マイク「100%ではない、90%くらいだろう。 ただ、ほぼ間違いないとは思うがね。」

マイク4位に入るのはどのクラブか…

マイク「それは予想が非常に難しい。 その2チーム(マン・Cとトテナム)は次節で勝利を収めるだろう。 たぶんマン・C vs トテナムの対決で(4位のクラブが)決まると思う。 ホームのぶんマン・Cがやや有利だけれど、試合が終わるまで面白い戦いになるだろう。 予想は難しいものだ。」

マイクアデバヨルの後退出場について…

マイク「彼の登場により活気付いた。 なぜなら、我々のサポーターが突如活気付いたからね。 彼は集中しており、モティベーションも高く、動きもキレていた。 彼がロング・ボールを要求したこともって、突然活気付いたのだ。 ただ、そうなっても彼らは殆どチャンスを作れなかったがね。 マン・Cはカウンター狙いだったが、我々はそれをことごとく潰していたので、殆どトラブルに遭うようなこともなかった。」

マイク最近の”失敗”が試合に与えた影響について…

マイク「見ても分かるように、そのことが頭の中にあった。 我々が今日の試合に負ける余裕など無いことは分かっていたので、ただ盲目的に攻め捲くる訳には行かなかったのは確かだ。 それに、マン・Cの守備も素晴らしかったしね。」

マイクインテルバルセロナとの戦い方をアーセナルに示したが…

マイクバルセロナのペースが違った。 バルセロナ戦で悔しいのは、アウェー・ゴールを獲られてしまったことだ。 2ndレグも勝てるチャンスはあったと思っている。」

マイクファン・ペルシのパフォーマンスについて…

マイク「60~70分ごろまでは良い動きだった。 その後フィジカルが落ちたが、替えることはしなかった。 なぜなら、今日我々が勝つにはセット・プレーからの得点しかなかったからだ。 彼がFKを決めるか、CKから得点チャンスを作れると思ったのだ。 ただ全体的に動きはキレていたし、前半は特に素晴らしかった。 長期離脱していたにも関わらず、非常にポジティブな動きだよ。」

マイクキャンベルのパフォーマンスについて…

マイク「彼を南アフリカへ連れて行くべきだと思う。」

マイクキャンベルは来シーズンもアーセナルの選手なのか…

マイク「まだ分らない。 昨日も言ったように、彼と話し合う必要がある。 彼はチームに加入してから、際立った働きをしている。 私は正直そこまでの活躍を期待してはいなかった。 彼は賞賛に値する。 彼はプレミア・リーグ内のいかなるCBとも比較できる。 極めて素晴らしい活躍だ。」

マイクファビアンスキーについて…

マイク「試合が終わるまで集中力を維持できたことが重要だと思う。 今日の彼は試合を通して的確な動きだった。 全ての状況において正しい読みをするのが上手いし、そのことを彼に期待しているのだ。 私は常々、彼は最も有能なGKの一人であると言ってきたし、集中さえ出来ていれば最高なのだ。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑