Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウィルシャーとキブスが代表デビュー

■水曜日に行なわれたイングランド 2-1 ハンガリーの親善試合において、ウィルシャーとギブスがそれぞれ代表デビューを飾りました。 ウィルシャーは18歳222日での代表デビューとなります。 イングランド代表の最年少記録は2006年5月のハンガリー戦に出場した、ウォルコットの17歳75日です。

ギブスはハーフタイムから交代出場し、ウィルシャーはラスト10分間だけの出場となりました。 また、ウォルコットが先発出場しています。

(ソース:Arsenal.com

■フランスとポーランドのどちらの代表を選択するかで迷っているコシエルニーに対して、ポーランド代表側から接触があったと言われています。 しかし、本人はフランス代表入りの夢を捨てきれずにいるようです。 そんななか、どちらの代表を選ぶかは本人に任せるべきだとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督

「彼の感じるままにやらせることが重要だと思う。 代表でプレーする際には、その国に対する気持ちがなければならない。 ポーランド代表へ入ることは容易だと思うけれど、彼は2世ではなく3世なのだ。 つまり、彼は完全にフランス人なのだよ。 彼を見ているとそう思うけれど、彼がポーランドをリスペクトしているのも確かだ。 しかし、彼は(自分を)フランス人だと感じているのだよ。」

(ソース:Arsenal.com

アーセナルが獲得に動いていると噂されているフルハムのGKシュワルツァーが、クラブに対して移籍を要求しているとの報道がありました。 この件に関してフルハムのスポークスマンは、その様な事実は無いと否定しています…

マイクフルハムのスポークスマン

「クラブはシュワルツァーから移籍要求を受けてはいない。 マークは我々と2011年の夏まで契約を結んでおり、監督は残留させたい優秀な選手としてシュワルツァーの名前を挙げている。」

(ソース:Sporting Life

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑