Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲル:ファン・ペルシを召集するとは驚きだ

■9月11日のボルトン戦で足首を負傷して以来、完全な状態に戻っていないディアビについて、再び本来の姿を取り戻すのはいつになるか分からないとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督

「タックルを受けて負傷して以来、ディアビが普段のレベルに戻ったことは一度もない。 彼自身のせいではないし、我々も心配している。 復調にどれくらい掛かるのかも分らない。 彼は既に2人の外科医の診察を受けている。 我々は辛抱強く待たなければならない。 怪我を克服できるよう見守っていく。」

(ソース:Arsenal.com

■そして、手術の可能性についても語っています…

マイクベンゲル監督

ディアビの怪我が非常に厄介なのは間違いない。 我々としてはディアビに手術の必要がないことを願うばかりだが、彼の足首には小さな骨の破片があるのだ。 それが落ち着くこといいのだが。 しかし、今の彼はピッチに居ない。」

「ロビンソンのタックルを受けて以来、いつも通りの動きが出来ていない。 以前の彼は完璧と言えるほど素晴らしかった。 タックルを受けて以降もプレーしているけれど、本来の姿はまったく取り戻せていなかった。」

(ソース:Arsenal.com

■今シーズンここまで3試合の出場に止まり、8月28日を最後にプレーをしていないファン・ペルシ。 今週の金曜日にフル・トレーニングへ復帰したばかりですが、オランダ代表のファン・マルヴァイク監督は代表に招集しました。 これに関してベンゲルは、もっと常識が世の中に広まって欲しいと語ります…

マイクベンゲル監督

「誰であろうと状況は同じだ。 ファン・ペルシは怪我から復帰したばかりで、我々も起用に慎重になっている。 召集されたから自動的にプレーすることになる、という心配はしていない。 常識を持って考えれば分ることだからね。 私としては、ファン・ペルシアーセナルの暫定スカッドにも直ぐ召集されると感じている!」

「基本的にオランダ代表のことは守備範囲外であって、私の問題は日曜日のニューカッスル戦なのだ。 あとは代表戦に関する規則だけだ。 それに対して我々に何が出来るか? 出来ることは少ない。 私がそれに対して大きな影響を与えることは出来ないし、現時点で最も大事なのは日曜日の試合に対する準備をしっかりして、勝利することなのだ。」

(ソース:Arsenal.com

■さらに、召集されたこと自体が驚きだとも語っています…

マイクベンゲル監督

「予選ではなくて、親善試合なのだよ。 予選と親善試合とは扱いが違う。 親善試合は監督が新たな選手を試す場だ。 イングランドやフランスもそうしている。 それが親善試合というものさ。 ファン・ペルシはアーセナルでプレーしていないのだから、私としては奇想天外な話だ。」

「全てが上手く行けば、親善試合の前に彼がプレーする可能性はある。 彼は今日、一つのセッションをこなした。 我々はセッションに対する彼の反応を見ていく。 だがそれは毎日見ていくのであって、彼がオランダ代表でどのようなプレーが出来るかは分らない。」

(ソース:Arsenal.com

アーセナルはナスリとクリシーに対して、新たな契約をオファーしているようです…

マイクベンゲル監督

「我々は現在、契約延長へ向けて取り組んでいるところだ。 選手も残留を希望しているし、合意に至るものと楽観的に捉えている。」

(ソース:Arsenal.com

ファン・マルヴァイクはなに考えてんの?(-A-)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑

重盛さと美 さっちゃんねる [DVD]
スパイスビジュアル (2009-06-26) 売り上げランキング: 35609