Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

フェルマーレンが再び故障

ニューカッスル戦でコシエルニーが退場処分となったことに異議を申し立てていたが、FA規律委員会はアーセナルの訴えを棄却しました…

マイクFA

「本日開かれた規律委員会において、コシエルニーの退場処分は不当であるというアーセナルの訴えは退けられた。 規律委員会の出した結論は、今シーズン2度目の退場処分であることから2試合の出場停止処分とし、即時効果を発揮する。 コシエルニーは11月7日に行なわれたニューカッスル戦において、明らかな得点機会を妨害し退場処分となっていた。」

この結果、ウルブス戦とエバートン戦の欠場が決まりました。

(ソース:Arsenal.com

■アキレス腱を痛めて長期離脱中のフェルマーレンですが、月曜日のトレーニング中に再びアキレス腱を痛めてしまったようです…

マイクベンゲル監督

ニューカッスル戦以降に新たな故障者は出ていない。 ナスリは復帰し、プレーも可能だ。 ファン・ペルシは日曜日の前に、1度だけだがトレーニング・セッションを行なった。 彼は日に日に良くなっている。 昨日の段階では痛みがあったようだが、今シーズン初めてプレーをしたせいだろう。 今日の段階で既に回復している。 数日経てばさらに動きがキレてくるだろう。」

フェルマーレンに関しては悪い知らせがある。 彼は昨日のトレーニングで少し怪我がふり返したため、再び専門医に会う必要が出てきた。 トーマスの回復にどれだけの時間が掛かるかは我々にも分らない。 だが、今の彼にプレーは無理だ。 復帰時期について言及することは出来ない。 スキャンした限りでは彼のアキレス腱に全く問題は見当たらないけれども、直ぐに痛みが出てくるようなのだ。 痛みの原因は分らない。」

ディアビは水曜か木曜にテストを行なう。 それをクリアすれば直ぐにでも復帰できるだろうが、もしまだ痛みを感じるようならば専門医の診断を受ける必要がある。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルはセスクはハムストリングの怪我から完全に回復し、ウルブス戦ではこれまでとは全く別人のセスクを見せることができるだろうと語ります…

マイクベンゲル監督

「彼の怪我は完全に回復している。 怪我のせいもあって、彼は精神的に疲労困憊していた。 ニューカッスル戦で良い動きを見せていたという事実からも、水曜日の試合では今までとは違ったセスクを見ることができるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

■以前から噂がありましたが、ドルトムント所属のセルビア代表DFネヴェン・スポティッチ(21)の獲得にアーセナルが動いていると報じられています。 現在、強固な守備力でブンデスリーガの首位をひた走るドルトムントにおいて、守備の中心として活躍しているスポティッチの評価は急上昇中です。 そのため移籍金は2000万ポンド(約26.2億円)と高額になっています。

しかしアーセナルは今シーズン、ここまで2試合しかクリーン・シートを保持出来ていないことに加え、コシエルニーは2度も退場処分を受けるなど期待通りとは言えないことから、バックラインの補強を模索していると噂されています。

(ソース:caughtoffside.com

フェルマーレンがぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(´;ω;`)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑