Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミア:ブラックバーン vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

−プレミア・リーグ

ブラックバーン 1−2 アーセナル

得点:20’ウォルコット、27’ディウフ、51’アルシャビン

【メンバー】

アルムニアたしょ

サニャ

コシエルニー

フェルマーレン

クリシー

ウォルコット

セスク → 68’ロシツキー

ソング

ディアビ

アルシャビン → 83’ウィルシャー

ファン・ペルシ → 34’シャマフ

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイク2−1での勝利について…

マイクイーウッド・パークで勝つのは常に難しいものだ。 しかし、良い立ち上がりだったし素晴らしいゴールも生まれた。 その後の展開について私見を述べるなら、ブラックバーンの試合運びに少々ナーバスになり過ぎていたと思う。 後半は冷静でボールもしっかり回せており、試合をコントロールできていた。 流れが変わるのも時間の問題だった。」

「もちろん、ラスト15〜20分間は常に力量を試されるものだし、少しの運も必要となってくる。 だが我々には正しい対応力と献身さがあった。 3点目を奪えない限り、ブラックバーンのようなチームは常に脅威だ。」

マイク前半がナーバスになってしまった理由について…

マイク「それは昨シーズン、この地で2−1で敗れるという悪い記憶が残っているからだ。 それに、彼らは我々が苦手とする試合をしてくることも分っていた。 我々にはそれに対応できるという十分な自信が無かったのだ。 後半になると、だいぶん良くなっていたと思う。」

マイク先週のブラックプール戦と、今日のブラックバーン戦におけるウォルコットのパフォーマンスの比較について…

マイク「先週は多くのボールが彼に回ってきていた。 もちろんそれは、今日よりも試合を支配していたからだがね。 ただしストライカーに求められることは、チャンスが少ない試合でも危険な存在であり続けることだ。 ブラックバーンに対するウォルコットは、動きがキレていたしフィニッシュも冷静だった。 世間はゴール数やアシスト数で選手を判断しようとする。 彼はストライカーだ。 非常に素晴らしい数字を残しているしね。 彼は自信を持って前へ出ていた。」

マイクサム・アラダイス監督率いるチームに、アウェーで勝利したのは2002年以来だが…

マイク「私にとってはサム・アラダイスに勝つことより、難しいアウェーでブラックバーンに勝利することの方が大事だ。 私は個人的な戦いを試合に持ち込んだりしない。 試合前に言ったように、リーグ優勝を狙うならブラックバーンに勝利することが重要だと思っている。 ブラックバーンに勝てず、似たような他のクラブにも勝てなければ、我々の目標など他チームから見向きもされないだろう。 つまり、この試合は我々にとって重要な試練だったのだ。」

マイクチームに対して、こういう試合の重要性を話したのか…

マイク「もちろんだ。 選手は献身的に戦ってくれた。 経験が守備と攻撃の両方において、エリア内に落ち着きをもたらしてくれると思っている。 我々も少しは経験豊かになっている。 今日の試合では1〜2回ほどラッキーな場面面があった。 しかし今日のブラックバーンのように、戦いを挑んでくる相手に対して不安定にならないチームなどいないだろ?」

マイクレフェリーはディフェンス陣を守っていたか…

マイク「Yes、我々もそれを求めていた。 今日はジヴェがウォルコットを止めた場面でイエローが1枚出ただけだ。」

マイクセスクについて…

マイク「今日は彼にとって(今季)初スタメンだったけれど、彼らしさが出ていたと思う。 だが、まだ完全な状態ではない。 今日の試合では1時間だけプレーさせる予定だったが、それよりも若干長めにプレーさせた。 2週間後には準備が整っているはずだ。」

マイクファン・ペルシの怪我について…

マイク「足首を捻ったらしく、現時点では全治10日というところだ。 明日以降、特に悪いニュースが無ければ、たぶん(復帰は?)2週間後だろう。」

(ソース:Arsenal.com

カーリング・カップ3回戦の組合せ抽選が行なわれ、アーセナルはアウェーでトテナムと対戦することになりました。 試合は9月20日に行なわれます。

(ソース:Arsenal.com

勝ったもののロビンが怪我…。 やっぱり今季も怪我に泣かされてる…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑皆様の1クリックに支えられていますm(__)m↑↑