Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

カーリング・カップ決勝戦へ向けて

■サニャがCC決勝戦への意気込みを語ります…

マイクサニャ

「僕らに恐れがあった時期もあるけど、それもここまでだ。 僕らはチームとして成長したし、賢さもある。 そして決勝戦へとやってきた。 ここまで来るのに時間は掛かったけど、上手く行っている。 優勝まであと一歩というところまでは行っていたけど、恐れが出てきてプレーが止まり、ただ結果を待つだけの状態になってしまった。 日曜日の試合では、人々に僕らが勝利できるんだってことを示したいし、僕らがハングリーで、さらに成長できるだってことも見せたいと思ってる。」

(ソース:Arsenal.com

■続いてはジュルーです…

マイクジュルー

「選手たちにとって大きな意味をもつと思う。 何人かの選手にとっては初のタイトルになるからね。 どうすれば勝てるかなんて分からないけど、逆にそれが僕らの気持ちに良い感じに作用すると思う。 周りからは僕らがタイトルから遠ざかっていることを質問される。 それも関係するかもね。」

「タイトルを手にすることでより大きな自信がつくと思う。 僕らはまだまだ成長できるし、さらに多くのタイトルを手に出来ることを示したい。 カーリング・カップは最初の一つにすぎない。 何かを達成しようと思ったら、恐れずに自分たちのプレーをするだけだよ。 残ってる他の大会でトロフィーを手にするためにも、良いプレーをしないとね。」

(ソース:Arsenal.com

■セスクをプレーさせるのはリスクが高すぎるとベンゲルは語ります…

マイクベンゲル監督

「もしシーズン最終戦だったら彼の起用を考えるか? いや、それは考えない。 問題は、彼の怪我でもプレーすることが可能かどうかを聞きたいのだろ? それは100%ありえない。 そんなことをすれば怪我が悪化し、3~5週間の離脱になるだろう。」

「欠場することになって彼もがっかりしているが、我々には他にもCL、リーグ戦、FAカップと主要な目標があるからね。 彼の気持ちも少しは晴れるだろう。 もし今プレーしたら、残りの大会全てを欠場することにもなりかねない。 彼は当然悔しい思いをしていると思うけれど、この仕事は良いことばかりではない。 悔しい思いをすることだってあるのだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルはMFジョン・ミケル・トラル・ハーパー(16)の獲得が夏に滞りなく完了することを願っていると語ります…

マイクベンゲル監督

「彼がイギリス人だと言うことを忘れているようだね。 彼はイギリスのパスポートを持っていて、母親はイギリス人だ。 うまくいけば、夏にチームへ加わるだろう。」

「合法だよ。 私はバルセロナもカタロニアも大好きだ。 彼らに何か特別な感情を持っている訳でもない。 だが、全てが合法であり、イギリスとスペインのハーフである選手がアーセナルへの加入を望んでいるのに、拒否する理由などないだろう? もし我々に違法性があったら、『残念だが君を獲得することは出来ない』と言う。 だが、同じルールの下で、多くの選手がアーセナルを去っているのだよ。」

※ハーパーはバルセロナカンテラに所属し、第2のセスクとも言われている超逸材。 バルセロナのロセル会長は、アーセナルの強引な獲得方法を痛烈に批判していました。

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑