読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲルが香川を称賛

ドルトムント戦へ向けてのチーム・ニュースをベンゲルが語ります… マイクベンゲル監督 「土曜日の試合でラムジーが足首を痛めた。 ただ、ジェルビーニョとソングがチームに復帰する。 ロシツキーはまだ離脱中だ。 ジェンキンソンは出場停止から戻ってくるがスカドからは外れる。」 「シーズン開幕以降、ラムジーはチームの主力だと思っているが、現在の我々はビッグ・スカッドを有しており、こういう事態に対処できることを示す良い機会だと思う。 もちろん我々はディアビウィルシャーラムジーの3人のMFが離脱していて数は多い。 だが、明日の試合では力強い中盤を形成できるだろう。」 (ソース:Arsenal.com

■ドイツ遠征のメンバー18人です アルシャビン アルテタ ベナユン シャマフ ジュルー ジェルビーニョ ギブス ファビアンスキー フリムポン コシエルニー メルテザッカー パク・チュヨン A・サントス サニャ ソング シュチェスニー ファン・ペルシ ウォルコット (ソース:Arsenal.com

ベンゲルは香川のことを高く評価していると語ります… マイクベンゲル監督 「香川はとても動き回る選手でとても賢く、エリア内でも非常にクリエイティブだしスピードもある。 彼がゴール・スコアラーとして結果を出しているのはそのためだ。 宮市はここには来ていない。 彼は怪我から復帰したばかりで、火曜日はボルトンとのリザーブ戦でプレーしている。」 「香川も宮市も非常に興味深い選手だ。 現在世界中で起きていることが、アジアのフットボール界がトップ・クォリティになっていることの表れだと思う。 昨年のW杯で日本はとても良い活躍をしたし、それは韓国や北朝鮮も同じだ。」 「アジアのフットボール界は非常に力をつけている。 シーズン開幕前は中国に居たが、そこにも非常に素晴らしい才能を持った若者が何人か居たよ。」 (ソース:Arsenal.com

■CLでドルトムントオリンピアコスマルセイユと同組のアーセナルですが、ベンゲルはこれまでで最も厳しいグループだと語ります・・・ マイクベンゲル監督 「ポッド4がドルトムントだったのが特に厳しい。 ドルトムントマルセイユオリンピアコスなのだからとても厳しいよ。 こういう場合は試合のなかで本当の厳しさを知ることになる。」 「ただ、ポジティブな雰囲気を得る絶好のチャンスだし、我々にもある程度必要なものだ。 全てのチームは相手の善し悪しではなく信頼が必要なのだ。 そして、現時点では私のチームにもそれが必要だと思っている。」 「グループを突破できるチャンスは確実にある。 明日の試合でポジティブな結果を得ることで、さらに飛躍できるだろう。」 (ソース:Arsenal.com

■ベンチ入り禁止処分によりドルトムント戦はスタンドでの観戦となるベンゲルですが、試合へ向けた準備には全く影響はないと語ります・・・ マイクベンゲル監督 「全体的に見ても、私がスタジアムへ到着するまでは普段と何ら変わらない。 最初の試合として理想的ではないがね。 もう何がルールなのか理解できないよ。」 「 私は不都合なことなど何もしていなかった。 やっても良いと言われたことをやっただけだ。 試合前にどこまでやって良いのかを確認したのだからね。 もし禁止されている行為をするにしても、あからさまにやる訳ない。 私は今でもなぜベンチ入り禁止処分を受けたのか理解できていないけれど、最初に言われた時から理解できなかった。」 (ソース:Arsenal.com

■CL制覇の可能性について話すのは時期尚早としながらも、優勝候補ではあるとベンゲルは語ります・・・ マイクベンゲル監督 「その可能性は除外していないが、CL制覇について話すのは時期尚早だ。 現時点では懐疑的な見方が多いが、私はそれられの全てを信じることが出来ない。」 「ただ、我々は自分たちの出来ることをやるだけだし、今後2ヶ月間でチームを形作らねばならない。 CL制覇という野心を持つのはまだ早過ぎる。」 (ソース:Arsenal.com

メルテザッカーの獲得に関しては、これまでの補強方針を無視したとベンゲルは語ります・・・ マイクベンゲル監督 「通常であれば高さではなく選手のクォリティを見る。 我々は非常にテクニカルな試合を行うので、私はより背の低い選手を選んでいた。 だが、彼は周囲を落ち着かせることのできる存在だし、ドイツ代表としても70キャップ以上を誇り経験豊富だ。 人々は彼がまだ26歳だということを忘れているよ。」 「彼は間違いなく試合の速さに慣れると思う。 彼も(最初は)驚いていたので問題はあるが、全体的にみても彼は我々が必要とするクォリティの持ち主だ。」 「彼は試合の流れを読むのが巧いし、他の選手とのコミュニケーションも上手だ。 彼はコミュニケーションがどれほど重要かを理解している。 彼のこういった能力はシーズンのなかで大きな役割を果たすだろう。」 (ソース:Arsenal.com

日本人対決はまだしばらくお預けか~

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑