Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ラムジーとコシエルニーがスカッド入り

ベンゲルが2月の月間最優秀監督に選ばれました。

(ソース:Arsenal.com

ラムジーの復帰はファンから大歓迎を受けるだろうとナスリは語ります…

マイクナスリ

「アーロンの復帰は素晴らしいことだと思うよ。 僕も彼の復帰を心から喜んでいる。 カーディフへのローンがとても助けになったようだね。 長期離脱していた時はプレーすることが本当に必要なんだ。 カーディフで試合を経験したことで良くなったと思う。 彼がピッチに戻ってきたとき、ファンがどんな歓迎ぶりを見せるのか今から楽しみだよ。 彼には皆から大歓迎を受ける資格があるからね。」

(ソース:Arsenal.com

ラムジーとコシエルニーがサンダーランド戦のスカッド入りするようです…

マイクベンゲル監督

「チームのニュースとしてはセスク、ソング、ファン・ペルシ、そして以前から怪我で離脱しているフェルマーレンが欠場する。 ラムジーとコシエルニーがスカッドに復帰する。 基本的にはそんなところだ。」

「負傷者はバルセロナ戦へ向けて順調に回復しているし、出場できるチャンスはある。 現時点では、ソングよりセスクの方が復帰できる可能性が高いだろう。 だが、ソングたちにもチャンスはある。」

(ソース:Arsenal.com

ラムジーはエドゥアルドのときのような動きの制約を受けるといった問題はないとベンゲル語ります…

マイクベンゲル監督

「エドゥアルドが復帰したときは、足首の動作に制約があるという問題を抱えていた。 フルスピードで走るときでも、彼は足首を曲げることが出来なかったのだ。 エドゥアルドは2度目の手術が必要となったが、アーロンに関しては動作に制約があるといった問題は全くない。 タックルを受けることに関しても、なんの問題も見受けられない。」

(ソース:Arsenal.com

コロ・トゥーレのドーピング検査で陽性反応が出た問題について、ベンゲルは驚くとともに初歩的なミスだろうとの見解を示しています…

マイクベンゲル監督

「ドーピングは人生を完全に破綻させうる愚かな行為だ。 左右を確認せずに道路を渡ってはねられても、人々は起こるべくして起こったかどうかなど問題にしないがね。」

「コロと話した。 もちろん、コロがどういう人物かはみんあも知っているだろう。 彼もおかれている状況にショックを受けている。 こういう状況になるとは思っていなかったので、彼としても非常にショックを受けている。」

「彼は体重を減らしたかったようだ。 彼の妻がダイエットをしていて、その薬を使ったようだ。 いったん陽性反応が出てしまったら、人々はそうなった原因について殆ど気にしない。 彼らはただ罰するだけだ。 さらに、マン・Cにとっても大打撃だろう。」

「彼が罰せられるのは厳しいことだが、違法は違法だ。 彼が犯したミスは、マン・Cの医師に『これを使っても問題ないか?』と確認しなかったことだ。 それに、マン・U戦後のドーピング・コントロールに選ばれたことも不運だったと言える。 彼はプレーしていないのだからね。 9分の1の確率で検査対象に選ばれてしまった。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑


小野真弓 hadairo [DVD]
小野真弓 hadairo [DVD]
posted with amazlet at 11.03.05
ワニブックス (2011-02-10)
売り上げランキング: 1237