読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミア:アーセナル vs マン・U戦の結果と試合後のインタビュー

−プレミア・リーグ

アーセナル 1−0 マンチェスター・ユナイテッド

得点:56’ラムジー

【出場メンバー】

シュチェスニー

サニャ

コシエルニー

ジュルー → 69’スキラッチ

クリシー

ナスリ → 45’アルシャビン

ウォルコット → 79’エブエ

ウィルシャー

ラムジー イエローカード

ソング イエローカード

ファン・ペルシ

−ベンチ−

レーマン

ギブス

シャマフ

ベントナー

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイクパフォーマンスについて… ※一部を抜粋

マイク「全てにおいて素晴らしいパフォーマンスを発揮した。 規律と闘争心があり、パスで試合を作るという我々本来のプレーができた。 ゴールを奪うまで、試合を完全にコントロール出来ていたと思う。 ただ、その後は最近の試合で勝てていないこともあり、リードを守らなければというプレッシャーが圧し掛かったようだ。 とは言うものの、試合全体を見ても我々は勝利に値していたと思う。」

マイクラムジーのゴールについて…

マイク「彼がゴールを決めて私も非常に嬉しい。 14ヶ月前の大怪我から復帰し、今の彼はベストの状態を目指して頑張っている。 今日のチームの平均年齢を考えたら、クラブやチームにとって大きな励みになると思う。 中盤の選手たちは非常に若かったけれど、とてもポジティブなプレーを披露していたいね。」

マイクPK疑惑があったヴィディッチのプレーについて…

マイク「あれはハンドだったと思う。 レフェリーは見ていなかったのだろう。 今シーズンはこういう不幸なことが多い。 本来であれば、(これまでの試合で)17回はPKが与えられていたはずなのだ。」

マイクビデオ判定導入の議論について…

マイク「私は導入推進派だし、かなり前から導入を訴え続けている。 だが、導入の決断に与える私の影響力など小さなものだ。」

マイククリシーがエリア内でオーウェンを倒したシーンについて…

マイク「PKになる可能性はあったかもしれないが、ヴィディッチのシーンほど明白なものではなかった。」

マイク若手にチャンスを与えることについて…

マイク「もちろん、補強すべきところは補強したいと思っている。 この件について、私は慎重に発言している。 なぜなら、両方のやり方が考えられるからだ。 クラブにとっては、信念を守ることが重要だと思う。 彼らはプレーするチャンスを与えられることで成長していく。 シュチェスニーのようにね。 2ヶ月前と比べ、彼が成長していることが分るはずだ。 試合に出てプレーすることで成長できる段階というのがあるのだ。 だからこそ人々はその両方を望むのだ。 あらゆる試合に勝ち、高いクォリティを持った若手を育成して欲しいのだ。 しかし、今シーズン、ウィルシャーが成長したのは試合に出ているからだ。 にも関わらず、人々は試合に負けると”なぜ若手を起用するのだ?”と言う。」

マイクセスクとナスリの怪我について…

マイク「ナスリはハムストリングの怪我だが、怪我の程度は小さいと考えている。 セスクは太股を痛めた。 彼が再びトレーニングを行なえるか火曜日に判明するだろう。 昨日もテストを行なったがクリアできなかった。 今度の日曜日の試合でプレー出来る可能性はある。」

マイクアウェーで5勝しかしていないマン・Uが首位にいることについて…

マイク「それがマン・Uなのだと思っている。 彼らがタイトルを獲る年は、オールドトラットフォードで必ず勝っている。 マン・Uとアーセナルのアウェーでの戦績を比較すれば、毎年ほとんど差がないのだよ。」

(ソース:Arsenal.com

■11-12シーズンの新ユニフォームが発表されました。 同時に(イギリスでは)プレ・オーダーの受付も始まっています。 画像集はこちら


Arsenal watch-11-12kit

ラムジー!!!!

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ
プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑