読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs ミラン戦の結果と試合後のインタビュー(追記あり)

- CL ノックアウトラウンド1回戦2ndレグ - アーセナル 3−0 ACミラン 《得点》 アーセナル:6’コシエルニー、26’ロシツキー、43’ファン・ペルシ ACミラン: 【出場メンバー】 シュチェスニー サニャ フェルマーレン コシエルニー ギブス ソング ロシツキー オックスレイド=チェンバレン → 75’シャマフ ウォルコット → 83’パク・チュヨン ジェルビーニョ ファン・ペルシ =ベンチ= ファビアンスキー ミゲル ジェンキンソン ジュルー オジャクプ ベンゲル監督、試合後のインタビュー 「彼らは自分たちのパフォーマンスを誇りに思っているだろう。 チームは素晴らしいスピリットを持っているし、そのことは1stレグ後の試合を見ても分かるだろう。 だが、残念なことに我々は敗退してしまった。 我々には(さらなる?)ゴールのチャンスがあったけれど、連勝を伸ばせたことが重要だと思っている。」 「1stレグの結果が大きな代償となった。 しかし我々は全力を尽くしたと思う。 トップ・レベルで出来うることを全てやり全力を出し切ったのだから、この結果を受け入れることが出来るよ。」 「中盤の選手が少し足りなかったこともありベンチワークに少々苦しんだ。 後半に入ると疲れが見え始めたので、良い形でボールをキープし続ける必要があった。 我々は非常に疲れていたが、完全なスカッドで後半を戦えていたらあと2〜3点以上は奪えていたと確信している。」 ファン・ペルシの惜しいシュートについて・・・ アッビアーティが倒れていたこので彼もチップショットを撃とうとしたのだと思うが、アッビアーティは非常に素早く起き上がってしまったね。 彼が上手く反応したこともあって、残念ながらゴールを奪うことができなかった。 ラスト10〜15分間の間にゴール前で決定的な場面をいくつか作れることを願っていたが、チャンスを作ることができなかった。」 (ソース:Mirror 惜しくも大逆転勝利とはなりませんでしたが、選手たちは本当によく やったと思います。 もう2点くらい決まりそうな場面があっただけに残念でなりませ んが、ガナーズの意地を見せることはできましたね。 公式版のインタは夜にでもアップします。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ
アーセナル グレーテスト・ゴールズ! [DVD]
クリエイティブアクザ (2009-10-23)
売り上げランキング: 86663
追記(18時38分):公式webのインタビュー記事です… ※一部を抜粋 パフォーマンスについて… 「パフォーマンスは素晴らしかったが、勝ち進めるまであと一歩だっただけにガッカリしているよ。 チャンスはあったものの、それを手にすることができなかった。 リバプール戦で多くの力を使っていたので、後半に入るとフィジカルが落ちてくるとは思っていた。 前半よりもボールをキープし続けるために多くの問題を抱えていた。 フィールドにもベンチにも中盤のオプションが全くなかったことが悔やまれる。 選手たちは完璧なパフォーマンスと素晴らしいスピリットを披露した。 今はチーム全体に賛辞を贈りたい。」 1stレグについて… 「我々はCLで多くのアウェー戦を戦っているが、4-0で負けたことは初めてだ。 我々はレアルやバルセロナなどミランよりも優れたチームと戦ってきている。 だからこそ、1stレグの貧弱なパフォーマンスが残念でならない。」 誇りに感じているか… 「私にとっての最も誇れる夜かどうかは分からないが、選手たちにとってはこのクラブでプレーすることを誇りに思える夜だったと思う。 彼らは全力を尽くしたのだからね。 ホームで3-0の勝利を収めたのだ、選手たちには良くやったと言うことしかできないよ。 このレベルの試合で180分の中で90分を失うことが厳しいのは分かっていた。 我々は本当にあと一歩だった。」 ここ最近のチーム・パフォーマンスについて… ロシツキーを称える必要があるだろう。 今日の試合でも彼の存在感は抜群だった。 ここ数試合の彼は最も影響を与えている選手の一人だが、常にそれに見合った賛辞を受けてはいない。 この機会に彼の活躍を称えたいと思う。」 (ソース:Arsenal.com