読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲル:シンビンの導入も考えるべきだ

2011-2012シーズン
■ビデオ判定の導入を支持しているベンゲルですが、シンビン(※ラグビーのルールで選手を一時的に退場とするペナルティ)も導入すべきだと語っています... ベンゲル監督 「シンビン(の導入)についても考える必要があると思っている。 選手がイライラして不機嫌な日もある。 そういうときラグビーのようにレフェリーが10分間の退場を命じることができれば、監督が選手を落ち着かせるチャンスがでてくるし、選手を試合に集中させることができる。 長い目で見たらその方が良いと思う。」 「他の利点もある。 例えばある選手が2枚目のイエローを受けて次の試合を出場停止になった。 それで次の試合がマン・U戦だったとする。 すると彼ら(マン・U)にアドバンテージが出てくるが、彼がファール犯したチームには(次の試合?)アドバンテージがなにもない。」 「ライバルチームは恩恵を受けているのに彼らにはそれがない。 ときどき、どういうロジックなのか?と考えてしまう。 その日のうちに罰を与え、ファールされたチームのアドバンテージを与える方が良いだろう。 シンビンを導入した方がよいと考える論理的な理由はそこにある。」 (ソース:Arsenal.com ■現在31歳のロシツキーですが、まだまだトップレベルを維持することができると語っています… ロシツキー 「今も5年前と変わらないプレーができているよ。 一般的には31歳だけどフットボールでの年齢は29歳なんだ。 僕は怪我で2年間を棒にふってるからね。 まだ十分にやっていけると思ってる。 今はすごく状態が良いし、このままの調子を維持していきたいよ。」 「とても調子が良いし、この状態をあと何年も維持できると思ってる。 ギグススコールズを見てくれ。 彼らの年齢でマン・Uのためにプレーできているのは素晴らしいことだよ。 僕にとっても励みになるよ。」 「あらゆることが可能だけど、それは僕の健康状態次第だね。」 (ソース:Arsenal.com サンダーランドへシーズンローン中のベントナーですが、このままサンダーランドに残っても確実なチャンスはないと語ります... ベントナーサンダーランドについては決して話さない。 ただ、ここに残っても確実なチャンスがあるかは分からない。 アーセナルと将来について話し合う必要があるけど、それ(サンダーランドに残ること?)は最優先すべきことでもないと思う。 それは間違いないよ。」 「サンダーランドへ来て試合に出たことは大きかった。 アーセナルとはやり方が違ったけど、僕にとって有意義な時間だったよ。」 (ソース:Mirror レアル・ベティスがヴェラの獲得に強い関心を示しているそうです。 ヴェラは現在レアル・ソシエダにローン移籍中ですが、以前からこのままスペインに残りたいと語っています… ヴェラ 「フットボールやライフスタイルの観点からみても、このリーグに居る方がずっと良いと思ってる。 僕はイングランドのクラブと契約している訳だから、戻らなければならないのであればそうする。 でも、ここに残った方がずっとハッピーだと思うんだ。」 (ソース:Daily Mail シンビンの導入はどうなんでしょうね〜。 もし導入されたら、イエローの累積による出場停止はさらに厳しくなるのかぁ。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ