読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ヒル・ウッド会長:ファン・ペルシに対するオファーは全くない

2011-2012シーズン
■ヒル・ウッド会長がベンゲルファン・ペルシの今後について話し合いを行ったそうです… ヒル・ウッド会長 「我々はまだロビンとの話し合いは行っていないが、(その件について)最近ベンゲルと話し合った。 ベンゲルもロビンが留まってくれると確信しているし、ロビンもそれを望んでいると思う。 彼は我々と共に素晴らしいシーズンを過ごした。 私の知る限り正式なオファーは一切ない。」 (ソース:Daily Mail メルテザッカーは、ドイツ代表で長年一緒にプレーしているポドルスキーアーセナル移籍を歓迎するとともに、アーセナルにフィットして大きく成長できるだうと語ります... メルテザッカー 「彼はアーセナルへの加入を喜んでいると思うし僕も嬉しいよ。 何度かアーセナルがいかに素晴らしいクラブかというのを話しているしね。 彼もここで有意義な時間を過ごせるはずだよ。」 「アーセナルとドイツとではいくつか異なる点がある。 特にトレーニング・グラウンドが違うと思う。 グラウンドの周りにマスコミもサポーターも居ないからトレーニングに集中できるんだ。 ここはすごく静かだからね。 それは彼にとっても良いことのはずだ。 先の大きな大会(W杯?)で大活躍したこともあって、ドイツでの彼は超有名人なんだ。 人気も凄いしね。 みんなが彼にプレッシャーをかけているから、ちょっと危ないと思ってる。」 「だけど、ここでは自分のプレーとチームのことに集中できる。 彼の成長にとってもここは素晴らしい場所だと思うし、フットボールをする上でも個人的な面でも良いと思う。 去年は僕もそれを体験したからね。」 (ソース:Arsenal.com ■また、プレミアリーグにもフィットできると語っています... メルテザッカー ※訳が少し微妙です 「彼はすごく自信を持ってる。 彼にはチームのためという気持ちがあるし、ゴールが欲しいときに決めてきた。 彼はピッチ上で常にベスト・プレーヤーの一人だったし、誰も彼を抑えられなかった。 だから彼には大きな自信があるし、僕もそのことを気に入ってるんだ。」 「彼は最高のストライカーだよ。 どこでプレーしてもゴールを量産してきた。 左足でのファースト・タッチが素晴らしくて、ボールを自分の前に持って来れる。 最高のクォリティを持ってるし、それは僕らにとっても素晴らしいことだよ。」 「彼には素晴らしいフィジカルパワーも備わってる。 それはプレミアリーグに必要なことだよ。 それに足もすごく早いしね。 (アーセナルへの移籍は)彼にとってチャレンジだと思うけど、それを乗り越えられると思ってる。」 (ソース:Arsenal.com ■1月にドルトムントから移籍してきたアイスフェルトは、イングランドの生活やプレーに慣れる上でメルテザッカーにとても助けられたと語ります... アイスフェルト 「みんな良い人達ばかりだからすぐに馴染めた。 最初の試合(スォンジー戦)で怪我をしてしまったからスタートとしては良くなかったけど、今はすべてが順調だよ。」 「イングランドフットボールはドイツよりもフィジカルでスピードがある。 メルテザッカーといろいろ話してアドバイスをもらった。 彼は良い人だよ。 ピッチの状態についてとか、ロンドンでの生活についても話してくれた。 凄く助かったよ。」 「ポドルスキーはとても優れた選手だし彼の加入はエキサイティングだよ。 彼はワールドクラスの選手だ。 僕は彼がビッグ・トーナメントで活躍する姿を見て育ったんだ。凄かったよ。」 (ソース:Arsenal.com アーセナルリバプールバイエルン・ミュンヘンなどが獲得に興味を示していると噂されているラツィオのブラジル代表MFエルナネス(26)ですが、代理人は移籍の噂を否定しています… リー代理人 「2月にロティート会長と会談したが、その際にエルナネスを売却するつもりがないことを確認している。 他のクラブからの興味? どこからも私に交渉したいという話しはない。 問い合わせはたくさん受けているが、興味があるという程度の話しだ。」 「エルナネスとその妻や子供達はローマでとても快適に暮らしているので、彼にイタリアを去る気は全くない。 契約は2015年まで残っているし、契約を尊重している。 彼はラツィオに留まるよ。」 (ソース:Sky Sports ■マン・Uがファン・ペルシに対してマン・Cに匹敵する額のオファーを準備しているらしいとの噂があります。 (ソース:talkSPORT アイスフェルトの存在をすっかり忘れてた… にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ