Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウィルシャーが膝蓋腱炎を発症

アーセナルウィルシャーがリハビリ中に左足の膝蓋腱炎を発症したため、今後数週間スウェーデンで治療を受けると発表しました。 なお、この怪我が来シーズン前の復帰に影響を与えることはないだろうとのこと。 今シーズンは右足首の怪我で長期離脱となりましたが、そちらの怪我の方は順調に回復しているそうです。 スウェーデンから戻り次第、復帰へ向けたリハビリを再開する予定。 (ソース:Arsenal.com オックスレイド=チェンバレンイングランド代表に選出されましたが、2006年W杯の時のウォルコットと同じでプレーすることはないだろうとの見方が強くあります。 しかしホジソン監督は、スタメン争いのできない様な選手なら選んだりしないと強く主張しています... ホジソン監督 「彼に試合を始める準備ができていると思ったから選んだのだ。 そうでなければ選ばない。 ただ、チーム内の競争を勝ち抜くのは容易なことではないだろう。 ご存知の通りルーニーは出場停止のため最初の2試合に出られない。 だが私は彼がEUROでプレーする姿を見たかった。 ミランとの試合観て特にそう思った。」 「彼(チェンバレン)には年齢離れした成熟さがあるし、早くから才能が開花した。 時には若い才能をスカッド入りされることも必要だと思う。 そのことがイングランドの将来にとってプラスになるからね。 ただし彼がプレーできるという保証はない。 エリクソンも適切な理由があってウォルコットを招集したのだと私は思っているが、トレーニングのときにそこまで力が及んでいなかったことが分かったのだろう。」 「ただ、オックスレイド=チェンバレンは厳しい状況にも対処できると思っている。 ジェラードやランパード、バリー、パーカーなどに圧倒されないことを期待しているよ。 耐えてくれるだろうと思っているが、どうなるかは分からない。 私にできることは彼を選出し、水の中に突き落とすことだけだ。 仮に今は泳げなくともそのうち泳ぎを覚えるさ。」 (ソース:Sky Sports ■ミラー紙によるとファン・ペルシは週給13万ポンド(約1,630万円)の3年契約というアーセナルからのオファーを軽くあしらったらしいです。 そして自分はタイトルを獲りたいという想いを語り、そのためには大型補強が必要であること語ったそうです。 アーセナルは次回の話し合いまでに、このクラブがタイトル獲得の可能なクラブであることをロビンに示さなくてはならないようです。ファン・ペルシに関してはマン・C、ユベントスなどが獲得に動いていると噂されています。 (ソース:Mirror アーセナルやマン・Cが獲得に興味を示しているとされるモンペリエのモロッコ代表MFユネス・ベルアンダですが、来シーズンもモンペリエに残りたいと語ったそうです... ルアンダ 「残りたいと思ってる。 モンペリエでCLに出れるなんて最高じゃない。」 (ソース:talkSPORT ジャックの怪我は復帰に影響を与えるものではないらしいですが心配ですね… あと、ロビンの話しはソースがあれなんで信用できませんな〜。 でも将来のビジョンを示すのは必要かもしれない。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ