読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs シャルケ戦プレビュー

UEFA CL 12-13
■CL:シャルケ戦へ向けてのチームニュースです... ベンゲル監督 「オックスレイド=チェンバレンは復帰してこない。 回復して復帰するのはコシエルニーだけだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■今週はUEFAによる反人種差別キャンペーンが行なわれ、CLとELの全試合で各チームのキャプテンが反人種差別を訴える腕章を付けてプレーします。 ベンゲルは人種や皮膚の色、信仰などに関係なく全ての人間が尊重されなくてはならないと語っています... ベンゲル監督 「これは常に重要なことだと思っている。 人々の間には存在する人種差別や外国人排斥などが存在する。 例えば異文化間にね...。 誰もがあらゆる文化と様々な人々に対して常に敬意を示さなくてはならない。 どこから来たかは関係ないんだ。 それは今シーズンに限ったことではない。」 (ソース:Arsenal.com) ■シャルケ戦は最も過酷な試練になるとポドルスキーは語ります... ポドルスキーシャルケは強豪だし、このグループの対戦相手のなかで最強の相手だ。 この試合に勝つことができたら僕らはかなり有利になる。 シャルケは優れたチームだし、ホームでファンの後押しを受けた彼らは別格になる。 だから僕たちはホームで3Pを獲っておかないとね。」 「シャルケのステフェンス監督のことはよく知ってる。 とても有能な監督だよ。 ケルン時代に1シーズンだけ指導を受けたことがあるんだ。 彼らを倒すのはタフなことだと思う。 だけど、僕らは3Pを獲る必要があるんだ。」 「僕はシャルケとの相性が良いんだ。 彼らと対戦したここ2〜3試合でいずれもゴールを決めているはずだ。 うまく行けばCLの試合でもまたゴールを決められると思うよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ラムジーシャルケ戦で立ち直ったパフォーマンスを披露したいと語っています... ラムジー 「動揺しているときはできるだけ早く正しい位置まで戻らなければいけない。 ノリッジ戦が不十分な内容だったことは僕らも分かってる。 今シーズンは本当に良い感じできてたし、試合を重ねるごとに自信がついていただけに動揺してしまうんだ。 うまく行けば、できるだけ早く事態を好転させられると思う。」 「シャルケ戦でそれを実現したいと思ってる。 勝つことが出来たら僕らはグループのなかでかなり優位に立てるからね。」 「みんながこういう機会を楽しみにしてるんだ。 ヨーロッパ中のベストなチームとの対戦だからね。 そこで良い結果を出すために努力してるし、うまく行けば水曜日の試合でも勝てると思ってる。」 (ソース:Arsenal.com) ■リーグ戦首位のチェルシーとの差が10Pまで広がっていますが、その差を縮めるためにもすぐにノリッジ戦の敗戦から立ち直らなければならないとベンゲルは語ります... ベンゲル監督 「現在、10P差と大きく離されていることは認める。 だが、今の我々はその差を詰めることに集中しなくてはならない。我々にとっては単なるポイント差だけでなく、この先ミスの許される余地がとても限られてきたということだ。 ノリッジ戦での敗北が我々の肩に重くのしかかって来ている。」 「我々はもう負けられない時期に入っている。 我々はまだ優位な位置に居るし、これから復帰してくる選手たちのクォリティにも不安はない。 我々にとって最も重要なことはこれ以上動じないことだ。」 「ノリッジ戦では600回以上パスを回した。 この試合を2度観たがノリッジは本当によく守っていたよ。 我々は動きが鈍かったしチャンスを作り出せるほど動きにキレがなかった。 20分後には1−0とリードを許し、彼らにとって楽な展開にしてしまった。 我々が1−0とリードされたのは今シーズン4回ある。 モンペリエ戦、チェルシー戦、ウェスト・ハム戦、そしてノリッジ戦だ。」 「1度や2度なら勝てるが1回は負ける。 守りに入ったチームは " 今は有利な状況にあるし、あとは守ることに全てを集中させよう " と考えるからね。 まさにノリッジがそうだった。 我々は先制を許したことで罰せられたのだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■契約延長交渉が難航しているウォルコットについて、状況に変化はないとベンゲルがコメントしています… ベンゲル監督 「交渉は行われているものの、これといったニュースはない。 彼との契約を延長するという私の決意は常に同じだ。 他のクラブが彼に興味を示そうともそれは変わらないよ。」 「グッドニュースはテオ(・ウォルコット)が今日からランニングを始めたことだ。 とても順調に回復しているし、まもなく復帰できるだろう。」 (ソース:Sky Sports) ■アーセナルパリSGレアル・マドリーのオランダ代表FWベンゼマを巡って争奪戦を繰り広げていると噂されています。 レアルはアトレティコ・マドリーのコロンビア代表FWファルカオ(26)獲得に動いていると言われており、ベンゼマ放出もあるのでは?ということらしいです。 (ソース:caughtoffside.comにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ icon icon