Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

アーセナルもナイキからアディダスへサプライヤーを変更か?

■QPR戦へ向けてのチームニュースです... ベンゲル監督 「サニャのように何人かの選手が復帰する可能性がある。 ウィルシャーについても考慮している。 彼をスカッド入りさせるかは明日決断する。 それが基本だ。」 「ギブスはまだ準備ができていない。 他の選手も同様だ。」 (ソース:Arsenal.com) ■シャルケ戦の敗戦についてマンノーネがコメントしています... マンノーネ ※訳が少々微妙です 「僕たちもすごくガッカリしてるよ。 僕らが見せた試合は受け入れられるものじゃない。 今は自分たちのことに集中しなきゃいけないし、トレーニング・グラウンドへ戻って解決策を見とけない。 土曜日の試合ではしっかり立ち直らないとね。」 「僕らには勝利が必要だし、そのためにも頭をシャープにしたいと思う。 これはチームとしての問題だから、チームとして仕事をしなければならないんだ。 誰かを名指しする必要なんてない。」 「フィールドのあらゆるところでキチンと守れてなかったと思う。 中盤でもチャンスを作れず、ちゃんとした仕事ができていなかった。 僕たちはすぐに立ち上がらなければいけない。 良い形でシーズンのスタートを切れたけど、これからは反撃する時期だ。」 「こういう時こそキャラクターを示さないといけない。 残念なことだけど今夜の試合ではそれを示せなかった。 でも次の試合ではそれを発揮したいと思ってる。 ファンのためにもね。 ビッグ・クラブに相応しいプレーをしなければいけない。」 「うまく行っていない時期だからこそファンの力が必要なんだ。 もちろん、いつも僕らに寄り添ってくれるのは素晴らしいことだよ。 でも、ファンが僕らを必要としているように僕らにも12人目の選手が必要なんだ。」 「明日からトレーニング・グランウドに戻ってハードワークをする。 次へ向けてしっかり準備しないとね。」 (ソース:Arsenal.com) ■フェルマーレンシャルケ戦について語っています... フェルマーレン 「残念な結果だよ。 ちょっとフラストレーションが溜まるね。 今の僕らにはチャンスを作り出すことは難しいと思う。 2失点したのも残念だよ。」 「シュート(枠内シュート)の場面を1本作れたと言われてもそれじゃ不十分だ。 高いテクニックを駆使してチャンスをたくさん作り、ゴールをたくさん奪う。 それが普段の僕たちなんだ。 今はそれが少し難しくなってる。 だけど、こういう時期はポジティブさを持ち続けなきゃいけないし、それこそ一日中ハードワークをする必要がある。 最終的にはポジティブな形で立ち直れると思ってる。」 「今はチームとして団結することが何より重要なんだ。 もちろん、今は良い結果が出ていないけど、こういう時期だからこそ団結しないといけない。 そうすることで最後はグループとして強くなれると思う。 このグループなら力強い形で立ち直れるとポジティブに捉えている。」 QPR戦へ向けて... 「前にも言ったけど、いまは過密日程の真っ只中だからミスを犯してもすぐさま修正しなきゃいけない。 僕たちは土曜日に何をすべきか分かってる。 しっかり集中してポジティブさを維持し、土曜日の試合へ向けてハードワークしなくてはいけない。 そして試合に勝つんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■アルテタがシャルケ戦について語っています... アルテタ 「双方にとってすごくタフな試合だったと思う。 両チームに大きな差はなかった。 (1点目は)ペナルティ・エリア内でフンテラールをフリーにしたずさんな失点だったと思う。 シャルケは本当に素晴らしかったというのが正直なところかな。 フルバックを上手く使って、そこからいくつものチャンスを生み出していた。」 「この試合のことは記憶の彼方に消し去らないといけない。 僕らは土曜日にQPRとの大事な試合が控えているからね。 僕たちは2連敗から立ち直らなくてはならない。 そこに疑問の余地はないよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■QPR戦は自分たちのメンタルの強さを示す絶好の機会だとメルテザッカーは語ります... メルテザッカー 「厳しい1週間だったと思う。 僕たちの試合結果はアクシデントのようなものだ。 今はもう一度自分たちのプレーを取り戻す必要があると思ってる。 代表戦ブレイクは僕らにとって痛手だったね。 再び自分たちの強さを取り戻さないと。」 「僕たちにはポテンシャルがあると思ってるけど、まずは闘う必要がある。 先週のノリッジ戦と今度のシャルケ戦で起きたことから素早く学ばないいけないんだ。 解決策を見つけなければプレミアリーグとCLで厳しい状況になると思う。」 「今の課題は自信を取り戻すことだね。 僕らには素晴らしいポテンシャルを秘めた偉大な選手たちがいる。 だから、もう一度自分たちのポテンシャルを示すためにも、3日後に試合があるのは良いことだと思う。」 「次の試合へ向けてもポジティブなままでいたい。 トレーニング・セッションで自信を取り戻さないとね。 自分たちの力強さとクォリティを取り戻すには試合が必要だ。 土曜日の試合でそれをやり遂げたいと思ってる。」 (ソース:Arsenal.com) ■先週のノリッジ戦でプレミアリーグ・デビューを飾ったグナブリーは、シャルケ戦でCLデビューも果たし、17歳3ヶ月でのCLデビューというドイツ人最年少記録を打ち立てました。 同じドイツ人のメルテザッカーはグナブリーの成長を嬉しく思うとコメントしています... メルテザッカーアーセナルはとても早い時期からクォリティを発揮できる選手を常にリサーチしている。 アーセナルは若手を早い時期に獲得した。 だから彼のことを信頼しようじゃないか。 彼はトレーニングで多くのことを学んでいる。 だから、これらの試合は彼にとってすごく重要なんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルが2014年に契約切れとなるナイキとのサプライヤー契約を更新せず、アディダスと新たなサプライヤー契約を結ぼうとしていると報じられています。 アーセナルナイキとは1994年から18年間に渡ってサプライヤー契約を結んでいます。 アーセナルのユニフォーム販売数は毎年80万着以上で、ナイキサプライヤー契約を結んでいるクラブの中で最高の売り上げバルサ、マン・Uに次ぐ売り上げを記録しています。 アディダスナイキの契約金1,300万ポンド(約16.8億円)の倍近い2,500万ポンド(約32.2億円)を提示しているとのこと。 (ソース:Daily Mail) 【22:51】記事の一部を訂正しました。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
Official Arsenal FC 2013 Calendar (Calendar 2013)

Danilo Promotions Limited
売り上げランキング: 353
サッカーショップ加茂