Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

ウスマノフ氏:アンリをスタッフ入りさせるべき【アーセナル移籍ゴシップ】

■2013年アフリカ・ネイションズ・カップ南アフリカ大会へ向けたコートジボワール代表メンバーが発表され、アーセナルからジェルビーニョが選出されました。 コートジボワールチュニジアアルジェリアトーゴと同じグループDに入っています。 大会は来年1月19日に開幕し、2月10日に決勝戦が行なわれます。 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルのユースチームがNextGenシリーズでグループ2位に入り、決勝トーナメントに進出しました。 オリンピアコスマルセイユアスレティック・ビルバオと同じグループ6でした。 首位通過したのはオリンピアコスです。 現在までにグループ突破を決めているのはバルセロナパリSGユベントスCSKAモスクワスポルティング・リスボンアストン・ヴィラインテルローゼンボリオリンピアコス、そして我らがアーセナルです。 (ソース:Arsenal.com) ■今夏にアーセナルとトテナムからオファーを受け、最終的にトテナムへ加入したフェルトンゲンは、ベンゲルが自分を中盤で起用する構想だったのでトテナム入りを選んだと語っています... フェルトンゲン 「アーセナルからも具体的な話しが来ていた。 でも、彼らは僕にエマニュエル・プティのように中盤をコントロールする役目をやらせたがっていた。 僕は別に競争を恐れている訳じゃないけど、トテナム将来像の方が僕にアピールするものがあったんだ。(以下略)」 (ソース:Sky Sports) ■クラブからの契約延長オファーを拒否したアスレティック・ビルバオのスペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(27)に対して、アーセナルとマン・Cが1月に獲得オファーを出すらしいと噂されています。 来年の6月で契約が切れるため1月からジョレンテ側と交渉できるようになります。 (ソース:The Times) ■今シーズンで契約が切れるため1月の移籍が噂されているシャルケのオランダ代表FWフンテラール(29)に対して、アーセナルリバプールが強い関心を示していると噂されていまが、ここにきてインテルも獲得に動いているようです。 彼の代理人によるとフンテラールアーセナルリバプールよりも、インテルへの移籍を選ぶ可能性があるとのこと。 (ソース:Metro) ■アーセナルが獲得に興味を示していると噂されているマン・Uのポルトガル代表FWナニに対して、ASローマも獲得に動いており争奪戦をリードしているらしいです。 ただ、ナニの高額な給与がネックになっているとか。 ナニ側は現在の給与からの減額には一切応じない構えのようです。 (ソース:talkSPORT) ■アーセナルの名誉副会長を務めるニーナ・ブレイスウェル=スミス女史が、オーナーのクロエンケ氏にはアーセナルに対する情熱が足りないと自身のTwitterで批判したそうです。 ブレイスウェル=スミス女史はクロエンケ氏に株式15%を譲渡して、クロエンケ氏のアーセナル買収に大きく貢献した人物です。 しかし、クロエンケ氏はまるで部外者のようだとした上で次の様にツイートしたそうです... ブレイスウェル=スミス女史 「(アーセナル買収は?)お金を儲けるためには確かにとても良い方法かもしれません。 ですがフットボール・ビジネスには情熱が必要なのです。 そしてSK(スタン・クロエンケ)にはアーセナルに対する情熱がありません。」 また、クロエンケ氏のアーセナル買収に反対し今なお29%の株式を保有するウスマノフ氏は、アンリをアーセナルのスタッフとして迎えるべく独自に動いているらしいです... ウスマノフ氏 「私にはクラブの意思決定に関与できる力はない。 しかし、何人かの選手と接触はしている。 私のお気に入りはティエリ・アンリだよ。」 「ティエリには選手として以外にもクラブに居てもらわなければならない。 彼には選手としてプレーする以上に重要な別の役目がある。 シティのヴィエラの例を見れば分かるだろう。 彼もアーセナルの象徴だが今は別のクラブをサポートしている。 我々はティエリで同じような事態が起きるのを避けなくてはならない。」 「チャンピオンが存在することでチーム・スピリットを根本から変えることができる。 彼が昨年アーセナルに戻ってきたときもそうだった。」 ウスマノフ氏は前アーセナル副会長のデビット・デイン氏の息子で、アンリの代理人を務めているダレン・デイン氏をモスクワに招待して接触しているらしいです。 (ソース:Mirror) ■ファン・ボメルの後継者といわれている、PSVのオランダ代表MFストロートマンを巡る争奪戦が激化しているそうです。 これまでアーセナルをはじめリバプール、トテナム、ACミランなどが獲得に動いていると噂されていましたが、マン・Uも争奪戦に参加してきたそうです。 なお、サン紙によるとPSVの情報提供者がストロートマンが1月に移籍するのは確実だと語ったそうです… PSVの情報提供者 「彼が1月に移籍するのは間違いない。 唯一の問題? それはマン・Uとアーセナルだよ。 両者とも獲得にとても熱心だ。」 (ソース:The Sunにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ Google Maps icon icon icon