Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ディアビが再び故障か?

■自分がエリア内で倒された場面はPKだったとベナユンは語ります…
ベナユン
「100%PKだったよ。 リプレイを見なくても分かる。 僕はボールを蹴りに行ってたんだからね。 でもレフェリーはPKをとってくれなかった。 そうなると僕に出来ることはないよ。」

「悪いポイントじゃない。 ストーク戦は常に難しい試合になるし、もちろん僕らも勝ちたかった。 でもニューカッスルが敗れたから良いポイントになったと思う。」

もうすぐローン期間が終わるが…
「まだ2試合残ってる。 僕はアーセナルのために全力を尽くしてきたし、すごくエンジョイできた。 アーセナルへ来た時からプレースタイルは分かってた。 速いボールを使ったチームプレー・フットボールをする。 (今後については)まぁまずは様子を見よう。」

(ソース:Arsenal.com

■現在のファン・ペルシは、リバプール時代のF・トーレスと同じくらい素晴らしいとベナユンは語ります…
ベナユン
「世界最高のストライカーたちと一緒にプレーできた僕は幸せ者だよ。 ロビンは世界最高のストライカーの一人だ。 また、リバプールでゴールを量産してたころのトーレスも同じだ。 彼らは二人とも世界最高のストライカーだよ。」

リバプールのすべての試合でトーレスがゴールを決めていたし、 彼の後ろにはジュラードが居てボールを供給していた。 僕たちも正しい場所でロビンにボールを入れれば、彼がゴールを決めてくれると思ってる。 ストーク戦のようなことがシーズンを通して行われているんだ。」
(ソース:Arsenal.com

■シーズンを3位で終えるためにも、ロビンには残り2試合を最高の状態でプレーして欲しいとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「彼は我々を当確ラインまでプッシュしなくてはならない。 残りは2試合だ。 我々はロビンに頼りっぱなしだと言われるが、そのことは否定しない。 ただ、シーズン終了を前に現状を変えることは難しいのだよ。」

「(ストーク戦で1Pを獲得したが)このポイントの重要性はシーズン終了後に分かる。 私はニューカッスルが負けると思っていた。 だから、ラスト20分間は試合に負けないことが大事だと考えていた。 我々は良い守備ができていたし、前半は流れもよかった。 後半になると殆どチャンスを作れなかったがね。」

「ストークが良い守備をしていたからなのか、我々に疲れが見えてきたからなのかは分からない。 我々はこの場所で毎回発揮できる訳ではない戦うクォリティを示せたので、この1ポイントは貴重だと思う。」
(ソース:Arsenal.com

■サニャもこのポイントは重要だと語ります…
サニャ
「彼らはとてもフィジカル的なチームだ。 たくさんのFKとボールへのアタックを行う。 だけど、僕らはなんとか同点に追いついた。 ここで複数のポイントを得るのは簡単なことじゃないので、このポイントはすごく重要だよ。 とても重要なポイントになると思う。」

「いくつかのチームが僕らの後ろに居るけど、自分たちの運命が僕らの手に掛かっていると思う。 3位に来るまで懸命に働いてきたし、こ場所をキープしてCL出場権を獲得したい。」
(ソース:Sky Sports

■ミラー紙によると、ストーク戦に途中出場したディアビに太ももの張りが見られるようだと報じています。 今シーズンのディアビは鼠蹊部とふくらはぎの故障に悩まされています。 今回ふたたび怪我をしたことでEURO出場が微妙になったとも報じています。
(ソース:Mirror

ディアビは復帰するたびに怪我してる気が。
というか、今シーズンはずっと怪我してますよね…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 
FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ