Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:シュチェスニーが怪我でスカッドから外れる

アーセナルモンペリエ遠征に帯同する18人を発表しました。 打撲の影響で週末の試合を欠場していたディアビスカッドに復帰し、代わりにアルシャビンが外れました。 また、足首を痛めたシュチェスニーがメンバーから外れ、代わりにシェイが入っています。

マンノーネ
シェア
ジェンキンソン
ギブス
フェルマーレン
メルテザッカー
コシエルニー
ディアビ
アルテタ
カソルラ
コクラン
ラムジー
ウォルコット
A・サントス
ジルー
ジェルビーニョ
オックスレイド=チェンバレン
ポドルスキー
(ソース:Arsenal.com

モンペリエ戦へ向けてのチームニュースです...
ベンゲル監督
「2〜3人メンバーが入れ替わる。 ディアビスカッドに復帰する。 彼はプレー可能だ。」

「5番手のGKだったシェイも今では第2GKだ! このことはフットボールの世界がいかにめまぐるしく変化するかを示しているね。 マルティネスはBリスト(※)に登録できないし、ヴォイチェフ(・シュチェスニー)とファビアンスキーは怪我をしている。 従って、明日はマンノーネが先発する。」

シュチェスニーの怪我は土曜日の試合のパフォーマンスが原因だとは思わない。 試合前から痛めていたんだよ。 怪我が失点に影響を与えたかは分からない。 彼は問題ないと言っていたが、我々は試合前に疑念を持っていた。 なぜ変えなかったのか? 我々は彼をそのまま起用すること決めたんだ。」

※Bリスト:21歳未満の選手で、15歳から現在までクラブに2年以上登録されている選手のリスト。登録人数に制限はない。
(ソース:Arsenal.com

モンペリエ戦に先発することが決まっているマンノーネについて、ベンゲルはとても信頼していると語っています...
ベンゲル監督
「GKとしての彼は私のお気に入りなんだ。 彼はフットボール・マンだし試合がなんたるかを理解しているからね。 昨年はローンに出ていたがそこで大活躍をした。 とても成長したと思う。」

「GKの仕事は27歳〜37歳までなので、我々のところに居るGKは皆まだまだ若いんだ。 そのため、たまにダメな試合をしてしまうこともあるんだ。」
(ソース:Arsenal.com

ジェルビーニョモンペリエリーグ・アンを制覇したのは偶然などではないと語ります...
ジェルビーニョ
「昨シーズンのモンペリエは素晴らしいプレーをしていた。 昨年のパリSGの補強を見ればみんな彼らがリーグ優勝すると思ったはずだよ。 だけど、モンペリエはリーグ全体を見ても良いプレーをしていたし、優勝に値していたと思う。」

「すべてのチームにチャンスがある。 試合前には何も決まってはいないんだ。 僕たちはモンペリエをリスペクトしている。 明日になれば彼らがどれほどのチャンスを持っているかを話せると思うよ。」

サウサウンプトン戦ではCFとして大活躍したが...
「良い感じでプレーできたと思ってるし、監督から指示されたポジションならどこでもやるよ。彼はCFとしての僕に自信をみせている。 監督が自信を持って起用してくれてると僕もプレーしやすいよ。 どのポジションでプレーしようと全力を尽くすだけさ。 ゴールを決めたときは常に自信がつくし、前に進むことができる。」

「(移籍)1年目はたくさんのことを学んだ。 海外から来た選手たちはみんなプレミアリーグでベストを尽くすつもりなんだ。 僕としても1年目で得た経験を生かして、今シーズンをよりよいものにできれば良いなと思ってる。」
(ソース:Arsenal.com

■CLのモンペリエ戦、週末のマン・C戦とビッグ・ゲームが続きますが、戦う準備はできているとフェルマーレンは語ります...
フェルマーレン
「シティは昨年のチャンピオンだし勝つのは容易じゃない。 自分たちのプレーをしなくちゃいけないし、そうすれば結果を出すことができると確信してる。 それに、僕たちはドレッシング・ルームの中でも外でも強い結束がある。 状態は良いよ。」

「みんな良い感じだけど特に新加入の選手たちが良いね。 全選手が自信を持ってプレーできているのは良いことだよ。 僕たちは難しい試合を前にしている訳だから、集中力を維持しなくちゃいけない。 火曜日にはアウェーでモンペリエと対戦して、そのあとシティと対戦するんだからね。 楽な訳ないよ。」

「CLの試合は毎回違ったものだし、だから良いテストになると思う。 特にアウェー戦のときはね。」
(ソース:Sky Sports

■セスクは今シーズンのアーセナルの活躍に期待していると語っています…
セスク ※訳が微妙です
ベンゲルは本当に凄いよ。 今シーズン、彼らが再びその実力を証明してくれると確信してる。 彼は常にヨーロッパの若く優れた才能を発掘し、チームに加え、そして若手たちにチャンスを与える勇気を持っている。 それが彼の才能なんだ。 若手に自信を付けさせて最高のパフォーマンスを発揮できるようにしている。」

「毎週末アーセナルの試合はチェックしてるよ。 今でもアーセナルは僕にとって大きな存在だからね。 アーセナルのような最高のクラブで8年もプレーできたのは特権だと思ってる。 だけど、今はバルセロナで新たなスタートを切ってる。 サインした時にも言ったけど、僕の人生のなかで最もエキサイティングであり最も難しいチャレンジなんだ。」

「世界最高のプレーヤーたちとポジション争いをすることになるのは分かっていた。 でも僕はビッグ・チャレンジが好きなんだよ。 もしそれが出来ないと思ったらアーセナルに残っていただろうね。 僕はキャプテンだったし毎試合プレーできていて、とても良くしてもらっていたからね。」
(ソース:Daily Mail

■今夏にアヤックスからトテナムへ移籍したベルギー代表DFフェルトンゲンは、ベルカンプからアーセナル行きを勧められたものの、オファーを断ったと語っています…
フェルトンゲン
アーセナルも僕の獲得に動いていたけど、僕はすでにトテナムでプレーしようって決めていた。 トテナムの方が印象が良かったんだ。 レヴィ会長やファン・デル・ファールトと話したよ。」

「(アヤックスで助監督をしている)デニス(・ベルカンプ)とも話したよ。 彼はすごく良い人だし、僕たちはとても良い関係だった。 彼もトテナムがビッグ・クラブだということは分かってる。 この2チームは強烈なライバル関係にあるけど、ストリートでアーセナル・ファンに会ったときも彼らは凄く礼儀正しかったよ。」
(ソース:Metro




にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ