Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs オリンピアコス戦の結果と試合後のインタビュー

アーセナル 3−1 オリンピアコス

《得点》
アーセナル:42’ジェルビーニョ、56’ポドルスキー、90’ラムジー
オリンピアコス:45’ミトログル

【出場メンバー】
マンノーネ
ジェンキンソン
フェルマーレン
コシエルニー
ギブス
コクラン
アルテタ
カソルラ
オックスレイド=チェンバレン → 70’ウォルコット
ポドルスキー → 80’ラムジー
ジェルビーニョ → 80’ジルー

=ベンチ=
シェア
A・サントス
ジュルー
アルシャビン

ボールド助監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋
パフォーマンスについて...
「試合に勝てたことは我々にとって非常に大きなことだ。 オリンピアコスは我々を苦しめたからね。 彼らはとても素晴らしいプレーをしていたと思う。 後半に入るとボールを持てるようになったが、ナーバスにもなっていたと言えるだろうね。 いずれにせよ、試合に勝てて嬉しいよ。」

重要な勝利だったと思うが...
「常にそうじゃないか? フットボールは結果が全てだ。 そして我々は結果を出した。 オリンピアコスに殆どチャンスを与えなかった。 彼らのチャンスを2〜3回に抑えたし、そのうえ我々はあと2〜3点獲れそうだった。 素晴らしい結果を出すことができてとても嬉しいよ。」

失点し始めたことについて...
「まぁ常にそういう状態を維持したいと思っていた。 3つのクリーンシートはOKだし、大量失点している訳でもない。 主な失点はセット・プレーからだ。 そのことに全員がガッカリしているし改善の余地があると思っている。 でもまぁOKと言えるだろう。」

ジェルビーニョのパフォーマンスについて...
「ゴールも決めているし彼は自信満々でプレーをしている。 連携プレーが少しずつ良くなってきていると思う。 ここ数試合はサンティ(・カソルラ)と何度かそういうプレーを見せているしね。 彼はCFのプレーを学んでいる最中だ。 CFとしては殆どプレーしたことがなかったと思うが、彼のスピードと動きは常に相手にとって脅威だと思う。 彼はトップ・プレーヤーだ。」

メルテザッカーが(スカッドから)外れたことについて...
「今朝、体調を崩したんだ。 少しウィルスにやられたんだと思う。 週末の試合までにフィットすることを願うばかりだ。」

グループの首位に立っているが...
「まだまだ先は長い。 その間にも厳しい試合が2〜3試合ある。 我々はそれに対処できると思っているが、タフな試合になるだろうね。」

イングランド代表の)ホジソン監督がアーセナルの選手を視察に訪れていたが...
「若手選手は皆成長している。 全員よくなっているんだ。 カール(・ジェンキンソン)は試合を重ねるごとに成長しているし、我々のために素晴らしい仕事をしてくれている。 だから、彼がイングランド代表に呼ばれたら私も嬉しいし、彼にとっても素晴らしいことだと思う。」
(ソース:Arsenal.com

■怪我で離脱しているシュチェスニーの穴を見事に埋めているマンノーネですが、今シーズンの成功はこれまでやってきたハードワークのおかげだと語っています...
マンノーネ
「ローンに出て色々と苦労して学んだことが良いレッスンになったよ。 楽に手に入るものなんて何もないんだ。 僕はハードワークをしてきたし、昨シーズンは十分な働きができたと思ってる。 このクラブでプレーできるかどうかに関わらずね。 トレーニングでもピッチの上でもすべてを出し切れば、ポジティブな結果が付いてくると思ってる。 今がまさにそうだよね。」

「ちょっと前に監督も言ってたけど、他のクラブに移籍してプレーする準備はできてたんだ。 昨年は良い働きができたと思うし、フットボールをするのに値していたと思ってる。 第3GKとしてプレーするのは考えられなかったんだ。」

「でも今は状況が変わってきた。 監督も僕のプレーに満足してくれてるみたいだしね。 もう一度このクラブの役に立てて嬉しいよ。 今は正GKの座を確保すべくベストを尽くしたいと思ってる。」
(ソース:Arsenal.com





にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

FIFA SOCCER 13 by EA SPORTS - Electronic Arts
FIFA SOCCER 13 by EA SPORTS - Electronic Arts