Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

FAカップ3回戦リプレイ:アーセナル vs スウォンジー戦の結果と試合後のインタビュー

- FAカップ3回戦リプレイ - アーセナル 1−0 スウォンジー 《得点》 アーセナル:86’ウィルシャー スウォンジー: 【出場メンバー】 シュチェスニー サニャ メルテザッカー フェルマーレン ギブス コクラン ウィルシャー ディアビ → 82’ラムジー カソルラ ウォルコット ジルー =ベンチ= マンノーネ ジェンキンソン A・サントス オックスレイド=チェンバレン アルシャビン ポドルスキー ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 パフォーマンスについて... 「今夜の試合はチームバランスがとても良かったと思う。 特に後半が良かったけれど、前半もしっかりとチャンスを作れていた。 ゴールを奪えないのが不思議なほどだったが、最終的には決めることができたね。 我慢が報われたし素晴らしいパフォーマンスだったと思っている。 今夜の試合の後半を見たら、日曜日の試合を10人で戦うことになったのがとても悔やまれる。 我々にとって大事なことはチームとして成長し続けることだ。」 ウィルシャーについて... 「今日の彼はズバ抜けていた。 もちろん、多くの選手たちが素晴らしいプレーをしていたと思う。 我々はチームとして良いプレーができていたが彼は別格だった。 抜きん出ていたけど彼にはそういうのがお似合いだよ。 私は選手時代に17ヶ月間離脱するという経験をしたことはない。 しかし、正直なところ1月1日までにジャック(・ウィルシャー)が復帰してくれば御の字だと我々は考えていたし、私も常にそうコメントしてきた。 だが彼は私の想像を遥かに超える速さでよくなっている。」 ウィルシャーを下げることも考えたか... 「No、それは考えなかった。 そうしたいという気持ちがあったけれど、彼が相手の脅威になっていると感じたので下げられる状況ではなかった。 左ウィングの彼は危険な存在だったと思う。 我々はコンビネーションも良かったね。 後半はギブスも左サイドで相手に脅威を与えていたし、右サイドは右サイドで脅威を与えていた。 つまり、我々はあらゆるポジションで脅威を与えていたのだよ。」 10番がウィルシャーの真のポジションなのか... 「彼は完璧なMFだ。 あらゆるポジションをこなすことができる。 ドリブル突破もできるしラストパスも出せる。 彼はゴールに近づけば近づくほど良くなるのだ。 クォリティと熱意もあるし、何より試合に出るのが大好きなんだ。 そこが私にとって一番重要なところだよ。」 コクランとディアビについて... 「守備面でより多くのパワーを得るために彼らを配置した訳だが、今夜の試合はそれが功を奏したと思う。 ディアビは素晴らしい反応を示していたが、たぶんもう少し早めに下げる必要があったかもしれない。 ただ全く問題ないように見える。」 ストライカー(の補強?)が必要か... 「私はジルーを信頼している。 彼は相手にとって脅威だ。 チャンスも作れるしね。 まずはウォルコットの契約交渉を終わらせることが先だ。 そのあとで何ができるかを考える。」 ウォルコットとの契約延長の可能性について... 「できる限り早く終わることを願っている。 これ以上話せることはないよ。」 グァルディオラバイエルン・ミュンヘン行きを決めたが... 「彼がバイエルンを選んだのは私にとっても驚きだった。 この質問に答えられるのは彼本人だけだよ。 (バイエルンと対戦するときは)素晴らしいパフォーマンスを発揮しなくてはならない。 2人の監督がいるバイエルンと対戦するんだからね!」 (ソース:Arsenal.com) ■アスレティック・ビルバオのスペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(27)争奪戦はユベントスの勝利で終わりそうだと報じられています。 アーセナルをはじめマン・Cやチェルシーなども獲得に動いていましたが、今週中にもユベントスとサインする可能性が高いそうです。 (ソース:Metro) ■アーセナルレアル・マドリーのブラジル代表MFカカ(30)の獲得に動いていると噂されています。 カカも出場機会を求めて移籍するかもしれないとのこと。 (ソース:caughtoffside.com) ■ロンドン・イブニング・スタンダード紙によると、ウォルコットが来週にもアーセナルとの契約延長にサインするらしいです。 同紙によると、契約の詳細は不明ですが各種オプションを含めると週給10万ポンド(約1,415万円)に達するだろうとのこと。 (ソース:Evening Standardにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ icon icon