Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

アンリ:あと2年は現役を続ける

■近年のフットボール界では整備が行き届いたトレーニング環境で練習をするのが当たり前になってきています。 ベンゲルはトレーニング環境が整備されたことで選手のタックル・スキルが急速に低下していると語り、プレミアリーグでたびたび見られる不適切なチャレンジ・シーンにその影響が見られると語っています… ベンゲル監督 「タックルにはテクニックが必要だ。 20年前と現在のトレーニング・グラウンドを見比べてみて欲しい。 そこには主に2つの違いがあるはずだ。 タックルとヘディングのクォリティが姿を消しているんだよ。」 「25年前はどのチームにもヘディングの上手い選手が居た。 現在とは比べ物にならないくらいにね。 20〜25年前のトレーニング・セッションでは、浮き球を使ってボールを繋ぐプレーがよく見られた。 地面でプレーできる状況じゃなかったんだよ。」 「現在のトレーニング・グラウンドは(※芝の状態も良く凸凹が無いなど)キレイそのものだ。 すると何が起きるだろうか? そこではタックルもヘディングも必要ないんだよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■アンリがあと2年間は現役を続けるつもりだと語ったそうです… アンリ 「僕は自分自身にあと2年の時間を与えている。 その頃は僕も37歳だ。 20年間のキャリアを過ごしたことになる。 最近もピレスとそのことについて話したんだよ。」 「キャリアを終えるのは決して簡単なことじゃない。 だけど、その時期は自分の体が教えてくれるんだ。 頭では続けたいと思っててもね…もちろん意欲が無くなる訳じゃない。 でも時期がくれば辞めなきゃいけないんだ。」 (ソース:Daily Mail) ■パリSGアンチェロッティの後任監督として、今夏にもベンゲルの招聘に動くようだと報じられています。 ベンゲルには年俸1,000万ポンド(約14.3億円)の3年契約をオファーする予定らしいです。 (ソース:Mirror) ■モンペリエのフランス代表DFヤンガ=エムビワ(23)のニューカッスル移籍が秒読み段階に入っていると報じられています。 月曜日に正式契約を結ぶためニューカッスルを訪れるらしいです。 以前からアーセナルも獲得に動いているといわれていましたが、争奪戦に敗れたようです。 (ソース:Mirror) ■アーセナルボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFゲッツェ(20)とドイツ代表DFフンメル(24)の獲得に動いていると噂されています。 アーセナルエミレーツ・スタジアムの建設費として借りた借金を完済したと言われており、膨大な収益を補強に回すことができるだろうとのこと。 アーセナルは2011年にもゲッツェ獲得に動き、移籍金3,200万ポンド(約45.7億円)のオファーを出したものの拒否されたといわれています。 しかし、昨年結んだ新たな契約には3,000万ポンド(約42.8億円)のバイアウトが設定されているとか。 フンメルの移籍金は2,500万ポンド(約35.7億円)。 (ソース:Fanatixにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 発売から累計33,691台完売!ロウヤの激安ハイバックPCチェア