Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

A・サントスがグレミオへローン移籍か?【アーセナル移籍ゴシップ】

サンダーランド戦へ向けてのチームニュースです... ベンゲル監督 「キーラン(・ギブス)の復帰は数週間先だ。 4〜6週間はかかるだろう。」 「コシエルニーのスキャンの結果はとても安心できるものだった。 彼は今日(金曜)にテストを受ける。 ふくらはぎの怪我だ。 フェルマーレンは足首を痛めて離脱中だ。」 「ディフェンスのオプションが制限されているので、いろいろと考えなくてはいけないね。 ミゲルが居るし、ジェンキンソンを右に置いてサニャもそこで(CBで?)プレーさせることもできる。 ただ、コシエルニーがプレーできるだろうと我々は楽観視している。」 「フランシス(・コクラン)はまだふきらはぎの裏側が少し痛むようだ。 土曜日の試合に間に合うとは思えないが、今日(金曜)チェックしてみる。 ラムジーは問題ない。」 「ジェルビーニョが金曜日にネイションズ・カップから戻ってきたけれど、サンダーランド戦のスカッドには入らない。 彼には5日間の休養を与えた。」 (ソース:Arsenal.com) ■先日、18ヶ月間に渡ってフットボール界の八百長問題を調査してきたユーロポール(欧州刑事警察機構)が、世界中で行なわれた680試合で八百長が行なわれていたとする調査結果を発表しました。 八百長とされた試合のなかにはイングランドで行なわれたCLの試合も含まれていました。 この問題についてベンゲルは、不正の多さに驚きつつもイングランドフットボール界は100%クリーンだと語っています... ベンゲル監督 ※訳が微妙です 「不正と見なされた試合の多さにまず驚いたよ。 私はこれまでも不正が行われている試合はたくさんあると信じてきたけれど、この数字はなかなか受け入れがたいね。 我々とて強くはないのでドーピングや審判の腐敗、試合結果の操作も起こりえるとは思っている。」 「我々はこの問題に真剣に取り組み、不正を犯した人々を厳しく処罰しなければならない。 実際、スポーツには不正行為の伝説が溢れている。 最近の例もあるし、我々にはあらゆる不正と真っ向から戦う義務があるのだ。」 「イングランドの試合は全く問題ないと私は思っている。 イングランドだって完璧な世界ではないけれど、不正や八百長は存在しないと確信しているので、今回の発表には我々もショックを受けているんだ。」 「公平にみてもイングランドのメディアは不正に対して非常に厳しいので、あなた方(記者)の存在がいくらかの信用を与えてくれると思う。 私個人としてはイングランドフットボールは100%クリーンだと確信しているよ。 レフェリーが汚職に手を染めているとは思わない。(以下略)」 (ソース:Arsenal.com) ■ブレイディが2014年5月でアーセナルの育成責任者を勇退する件について、ベンゲルは彼が居なくなるのはアーセナルの育成システムにとって大きな損失だと語っています... ベンゲル監督 「我々にとって大きな損失だよ。 彼は我々が落ち着いて準備を整えられるように早めに発表したのだ。 彼はここで最高の仕事をしてきただけに、彼が居なくなってしまうのは残念でならない。 ただ、リアム(・ブレイディ)の気持ちもよく理解できるよ。」 「うまく行けば、彼の仕事を誰かに引き継がせることができると思う。 育成部門は我々のポリシーにおいても特に重要なセクションだ。 それだけに、彼の後任選びは慎重に行なわなくてはいけない。」 「我々が求めているのはユースでの育成経験があって、我々の目指すフットボールに沿った指導ができ、18歳以下のとても若い世代を技術的に組織できる人材だ。 つまり、若手育成についての知識を持っていることが何より重要なんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■最近のアーセナルは4試合で11得点と攻撃陣が絶好調ですが、守備のマズから自滅する傾向があります。 これについてサニャは、攻撃と守備のバランスは自然とよくなってくるだろうと語っています... サニャ 「僕らはとても攻撃的なんだ。 たまにはもっと(フォーメーションの?)形を気にする必要があると思うけど、それがアーセナルのスタイルなんだよ。 僕らはたくさんのゴールを奪えているけど、ときどき守備がよくないね。 でも攻撃と守備のバランスは自然にできてくると思う。 もっと自信を持って、より多くのゴールを奪って守備もしっかりやりたいと思ってる。」 「クリーンシートを維持すれば常にポイントが手に入る。 毎試合3Pを獲得したいけど、シーズン終盤になると1Pを得ることがより重要になってくる。 CL出場権の獲得という目標は簡単なことじゃないけど、不可能ではない。 つい最近のチェルシーみたく、どんなチームでもポイントを落とすからね。」 (ソース:Arsenal.com) ■グレミオの会長がA・サントスのローン移籍へ向けてアーセナルと交渉中だと明かしたそうです。 グレミオは12月までのローンを希望しているとか... コッフ会長 「サントスを出すかどうかはアーセナル次第だ。 交渉は一進一退だ。 我々は彼に興味を持っていると伝えているし、交渉はうまく進んでいると思っている。」 「ただ、リベルタドーレスのデッドラインが来てしまったら、もう我々は彼の獲得に興味はない。 だが、選手登録の期限が来てしまった今、我々は交渉のデッドラインを設定した。 今は待とう。」 ブラジルサッカー連盟が選手獲得の期限を今度の日曜まで延期したそうです。 (ソース:Sky Sports) ■デイリー・メール紙によると、今のところ無所属となっているピレスがアーセナルでトレーニングを行なっているそうです。 昨年末にはアンリがトレーニングに参加し、先日はPSGへの入団が決まったベッカムアーセナルのトレーニングに参加するなど、大ベテランの選手たちが頻繁にトレーニングへやってきます。 ベンゲルは酸いも甘いも味わってきた大ベテランから、経験不足を指摘され続ける選手たちに様々なアドバイスをしてくれることを期待しているらしいです。 ベンゲルと談笑するピレス ピレス2013 (ソース:Daily Mail〜更新休止のお知らせ〜 来週末から長期出張へ出かけるため、16日〜3月4日まで更新をお休みさせていただきます。 長期の更新休止となってしまいますが、ご了承ください。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
サッカーベストシーン Super Star Goals CCP-852 [DVD]
株式会社コスミック出版 (2012-03-26)
売り上げランキング: 10,636
サッカーショップ加茂