Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

【アーセナル公式】A・サントスがグレミオへローン移籍

アーセナルはA・サントスがグレミオへローン移籍したと発表しました。 ローン期間は今シーズン末までです。 サントスは2011年8月にフェネルバフチェからアーセナルへ加入し、現在までに36試合4ゴールという記録を残しています。 (ソース:Arsenal.com) ■CL出場権争いが熾烈を極めていますが、アーセナルは再び出場権を手にすることができるとアルテタは語っています... アルテタ 「10シーズン前は今ほどトップ4入りが難しくなかったと思う。 だけど現在は6〜7チームがトップ4を争っている。 イングランドフットボールがいかに成長したかをよく表しているね。」 「ヨローッパの他のリーグで、イングランドの上位争いに匹敵するレベルにあるところは無いと思う。 サンダーランドやストークみたく、どのスタジアムもハードだからね。 だけど出場権の獲得は僕らにとってもの凄く重要なことだ。 CLは最高の大会だし逃すことなんて出来ないよ。」 「シーズン終盤の明暗が今月の成績に懸かっている。 ただ、今はチームの調子も良いし選手たちも絶好調だ。」 「スパーズとの試合はビッグ・ダービーだ。 次は彼らのホームゲームだし(トップ4争いをする上で?)決定的な試合になると思う。 だけど、僕らには出場権を獲得するのに相応しいクォリティが備わっていると思うし、出場権を獲得するまで戦い続けるよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■今後の試合でもサンダーランド戦のような守備のパフォーマンスを発揮し続けなければならないとベンゲルは語ります... ベンゲル監督 「いくつかの試合では批判されて当然の内容だった。 これがチームが自信を失くしていく第一歩だったと思う。 しかし、こういった(サンダーランド戦のような?)パフォーマンスを発揮することが、自信を取り戻すことに繋がっていくと思っている。」 「我々はこれからビッグ・ゲームを戦っていく。 土曜日にはFAカップがあるし、火曜日の夜にはバイエルン・ミュンヘン戦が控えている。 したがって、守備面でトップ・クラスのパフォーマンスを発揮しなくてはならないのだ。」 「(サンダーランド戦での)シュチェスニーは素晴らしかった。 おそらく彼も自信を欠いたことで調子を落としていたのだろう。 失点すれば影響が出るものだ。 人々は彼がまだ若手のGKだということを忘れているよ。 GKの22歳というのは非常に若いんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ウィルシャーは相手を引きつけて交わすプレースタイルのためよくファールを受けますが、今のプレースタイルを変える必要はないとベンゲルは語ります... ベンゲル監督 「ジャック(・ウィルシャー)のプレースタイルが(タックルなどの)被害を受け易いというのは事実だ。 しかし、それが彼のスタイルなんだよ。 彼はそのギャンブルをやらなくてはいけないんだ。」 「ボールを奪って相手を突破していくのが彼のスタイルだ。 メッシも同じようなスタイルだが、彼は怪我をせずにプレーできている。」 「彼はマークされやすいが、だからといって ” 今のプレースタイルを変えろ ” なんてことは言いたくない。 自分が感じるままのプレーをして欲しいんだ。 そこが最も重要なことだ。 ただ、彼に変な妄想を抱かせたくないので、この件についてはあまり話したくない。」 「彼には自然体でプレーして欲しい。 彼を守るのはレフェリーの仕事だよ。」 (ソース:Sky Sports) ■エドゥアルドがプレミアリーグへの復帰を熱望していると報じられています。 昨夏にはフラムが獲得に動いていると噂されていますが、最終的にはエドゥアルドではなくベルバトフを獲得しました。 移籍金は200万ポンド(約3億円)だそうです。 (ソース:caughtoffside.com) ■アーセナルサンプドリアのU−20アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(19)の獲得に興味を示しているそうです。 イカルディは今夏に移籍金35万ポンド(約5,156万円)でバルセロナからサンプドリアへ移籍しましたが、ここまで12試合8ゴールと大活躍しているため移籍金が900万ポンド(約13.3億円)にまで跳ね上がっているとか。 (ソース:caughtoffside.com〜更新休止のお知らせ〜 出張で不在のため、16日〜3月4日まで更新をお休みさせていただきます。 長期の更新休止となってしまいますが、ご了承ください。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ サッカーショップ加茂