Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

レバンドフスキ争奪戦に参戦か?【アーセナル移籍ゴシップ】

■移籍直後からチームにフィットしチームに大きく貢献しているカソルラですが、この7ヶ月間の内容には満足していないと語ります... カソルラ 「個人的にはこの7ヶ月間はポジティブなものだったと思ってる。 アーセナルのような素晴らしいチームに加入して、プレミアリーグという偉大なリーグでプレーできているんだからね。」 「ただ、ピッチ上での僕らには明らかに浮き沈みがあった。 チームには安定感が欠けていると思うし決定的なミスを犯すことも時々ある。 これらを排除していくことが改善の糸口だと思うよ。」 「(自分としては)アーセナルのプレースタイルやプレミアリーグに適応することは難しくなかった。 リーガと異なっている部分もあるけれど、とても良い感じで適応できたと思う。 アーセナルのプレースタイルにもすんなり馴染めたしね。」 「よりフィジカル的でスピードがあり、これまでプレーしてきたところよりも激しいリーグに参加する覚悟はできていた。 プレーに備えて事前にフィジカル面を調整していたから適応するのは楽だったよ。」 「僕は大きく飛躍したかったんだ。 アーセナルのような歴史のあるビッグ・クラブでプレーしたかったのさ。 ここには満足してるよ。 クラブの影響力が本当に大きくて、まさにビッグ・クラブって感じだ。 世界中にたくさんのファンが居るなんて、ほんと信じられないよ。 クラブは選手にとても良くしてくれるしアーセナルのすべてに満足してる。」 「ジャック(・ウィルシャー)は重要な選手だね。 彼はチームに特別なものを与えてくれる。 僕も少しずつ彼のプレースタイルを理解してるよ。 彼のプレースタイルは僕自身のプレーを補ってくれるんだ。 実際、僕らは似た様なポジションでプレーするからね。 そのことで日々の理解がより深まってるのさ。」 「ここに来るまで彼のことをよく知らなかったんだ。 彼の完璧なフットボール選手ぶりには驚かされたよ。 彼はまだまだ若いし素晴らしい将来が待っていると思う。 伸びしろもたくさんあると思うよ。」 「彼は完璧な選手としてイングランドでも非常に高く評価されているし、今後さらに重要な選手になっていくのは間違いないね。」 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルミルウォールにローン移籍中のFWアフォベが、チャンピオンシップのウォルバーハンプトン戦で左膝前十字じん帯断裂の大怪我を負ったと発表しました。 アフォベはアーセナルに戻ってきており、すぐさま手術を受けます。 復帰は早くても秋頃になるだろうとのこと。 (ソース:Arsenal.com) ■Next Genシリーズで前回王者のインテルを破ったU-19アーセナルですが、アクポムによるとチームの士気は最高潮に達しているようです... アクポム 「これまでで最高の気分だよ。 厳しい試合になることは初めから分かっていたけど、みんなで一致団結して戦ったんだ。 今はチームの全員が歓喜してるよ。」 「僕らは普段からテクニカルな繋ぎのフットボールを教えられているけど、天気が悪くてピッチの状態も最悪だったから、その状況に対応しなきゃならなかった。 この試合で僕らがテクニックだけのフットボール・スタイルじゃないってことを示すことができたと思う。 必要に応じてタフなプレーも出来るんだ。」 「この大会で優勝できると思ってる。 僕らには有能な選手たちが居てクォリティもあるからね。 それに、どんどん強くなっている。 こういった試合に勝つとチームの結束がより強まるんだ。 僕らは優勝したいしチャンピオンになりたいんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベティスにローン移籍しているコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルが、改めて来シーズンもベティスに残りたいとコメントしているようです。 ベティスは現在、来季のCL出場権争いをするなど好調をキープしています... キャンベル 「ベティスはものすごく快適だよ。 この街を愛してるし、残れといわれたら残るよ。 うまくいけば欧州大会にも出れるしね。 ただ、アーセナルで自分の実力を発揮したいという気持ちが強いことも否定しないよ。」 (ソース:Sky Sports) ■アーセナルが今夏の移籍市場で、オセールに所属するU−21フランス代表FWヤヤ・サノゴ(20)の獲得に動くらしいと噂されています。 他にもイタリア、ドイツ、フランスのクラブが興味を示しているとか。 サノゴは現在、6試合8ゴールと活躍しているようで、2月の頭には1週間で2試合7ゴールの大活躍をしたそうです。 (ソース:Metro) ■アーセナルドルトムントポーランド代表FWレバンドフスキ(24)争奪戦に参戦するらしいと噂されています。 ファン・ペルシが抜けた穴をジルーとポドルスキーが埋めきれていないことから、強力なストライカーを補強する必要があるだろうとのこと。 ドルトムントはすでにレバンドフスキ流出に備えて後任探しをはじめているとか。 レバンドフスキに関しては以前からマン・U移籍の噂が絶えませんが、マン・Uはすでにストライカーが揃っているため獲得に動くことはなさそうです。 また、バイエルン・ミュンヘンも獲得に動いているといわれていますが、ドルトムントは他国のクラブへ放出する方を選択するだろうとのこと。 (ソース:caughtoffside.com〜更新休止のお知らせ〜 出張で不在のため10日〜12日まで更新をお休みさせていただきます。ご了承ください。 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ フットボール ペナルティーキック ゴール icon icon icon
遠野千夏 恋愛躰質~遠くてもちかくてもずっと..~ [DVD]
SHININGSTAR (2013-03-29)
売り上げランキング: 2,288