Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲルがルーニー獲得の噂を否定

ベッカムが今シーズン限りでの引退を表明しましたが、彼は若手のお手本になる素晴らしい選手だったとウィルシャーは語っています… ウィルシャー 「彼は僕がこれまで会ってきたなかで、ピッチ内外を問わず、最高のイングランド人選手だよ。 世間のみんなは彼がピッチで成し遂げてきた偉業を忘れがちだ。 彼は長年に渡って(ピッチ上で)偉大な選手だと証明してきている。 僕みたいな若手のイングランド人MFにとって彼は完璧なロールモデルなんだよ。」 「彼から色々なことを学ぶことができる。 プレーだけじゃなくてプロとしての考え方や(試合に臨む?)姿勢も素晴らしい。 みんな彼から刺激を受けていたんだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ニューカッスル戦が待ちきれないとウィルシャーは語ります… ウィルシャー ※訳が微妙です 「(チーム全体が?)興奮した雰囲気に包まれてる。 試合に勝てば来シーズンのCLにストレートインか、もしくわ予備予選から参加できる訳だしね。 興奮の一言に尽きるよ。 試合が始まれば少しナーバスになるかもしれないけどね。 」 「トテナムが日曜日の試合で3Pを獲得したのを見ていた。 僕らにとっては理想的な結果ではなかったけど、そのあとのウィガン戦に集中するためにも必要なことだったと思う。」 「僕らは自分たちのスタイルでプレーした。 いくつかゴールを決めることもできたし、最終日をいい形で迎えられる。 ウィガン戦と同じようなプレーをして試合を支配できれば勝てると思う。 どうなるかは僕ら次第なんだ。」 「ニューカッスルは降格争いをしている訳でもないから、力を抜いてくると数人の人が言っているみたいだね。 彼らは自分たちのプレーをして試合を楽しむだろうと思ってるし、監督も選手たちにそう言っているはずだ。」 「僕たちはプロなんだ。 自分たちの仕事をきっちりとこなし、ゴールを奪う。 サンダーランドに頼ることは出来ない。 自分たちの試合に勝つだけだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ジルーはモンペリエ時代にシーズン最終戦で勝利し、リーグ・アン優勝を決めた経験があります。 今度のニューカッスル戦ではそのときの経験を活かしたいと語っています… ジルー 「僕らには自信がある。 ウィガン戦では1−1に追いつかれてから4−1と突き放して勝利した。 プレッシャーがのしかかるなかでゴールを決めたんだ。 勝利が絶対に必要だったからね。 プレッシャーを感じながらも良いプレーができていたし、テオ(・ウォルコット)の追加点を生み出すことに成功した。 あのゴールで救われたと思う。」 「昨シーズンは僕にとって素晴らしいものだった。 優勝を決めるにはアウェーのオセール戦に勝たなきゃいけなかったんだ。 パリSGロリアンに勝っていたから何が何でも勝利が必要だったのさ。 すごく特別な試合だったよ。 オセールの降格が決まったことでファンが暴れて、2〜3回は試合が中断したからね。」 「ニューカッスルは来シーズンもプレミアリーグでプレーするから、それとはだいぶん違った試合になるとは思う。 僕らにとってもその方がいいよ。 今は自分たちのクォリティに集中して、きっちり仕事をこなしていくだけだ。 ニューカッスルは何のプレッシャーもなく、のびのびとプレーするはずだ。 それはそれで僕らにとってプラスになると思うよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■降格が決まったQPRに所属するブラジル代表GKセーザルの移籍先はアーセナルが最有力であるとミラー紙が報じています。 他にはACミランも獲得に興味を示しているとか。 (ソース:Mirror) ■アーセナルがマン・Uからの移籍を希望しているといわれているルーニー獲得に動いていると噂されていますが、ベンゲルはマン・Uと一切接触していないと噂を完全否定したそうです… ベンゲル監督 「ユナイテッドがルーニーを売却するのかは知らないし、我々は彼に対していかなるアプローチも行なってはいない。 まず最初にやるべきことはマン・Uに連絡することだが、それもしていない。」 (ソース:Reutersにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ (仮) 三森すずこ 1st写真集