読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミア:ニューカッスル vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

2012-2013シーズン
プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッド 0−1 アーセナル 《得点》 ニューカッスルアーセナル:52’コシエルニー 【出場メンバー】 シュチェスニー サニャ メルテザッカー コシエルニー ギブス アルテタ → 28’オックスレイド=チェンバレン ラムジー ロシツキー カソルラ → 89’ウィルシャー ウォルコット ポドルスキー → 77’ジルー =ベンチ= ファビアンスキー フェルマーレン モンレアル ジェルビーニョ ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 結果に喜びと安堵を感じたか… 「Yes、感じた。 勝たなければならないことは試合前から分かっていた。 勝利以外の結果ではCL出場権を獲得できない可能性があったからね。 我々の考えは正しかった。 我々だけがアウェーという大きな欠点があったし、トテナムとチェルシーが共に勝利したからね。 」 「このグループの卓越した姿勢と決意が報われたことを嬉しく思っている。 彼らは3月中旬にトテナムに7P差をつけられていた時期も自分たちを信じ続けた。 エラーや妥協の余地がないことは彼らも分かっていた。 選手たちの卓越した姿勢が報われた理由はそこにある。 ニューカッスルが相手という以外にもナーバスになる理由がある試合だった。 選手たちが時折ナーバスになっているのを感じたよ。 我々は試合をコントロールできていたと思う。 彼らには序盤にシセの決定機があったけれど、後半に入ってからはチャンスはなかったと思う。 ただ、試合をコントロール出来てはいたが、決定付けることはできなかった。 試合が終わるまでナーバスなままだったのはそのためだよ。」 メンタル面のハードルを克服できたのか… 「ラスト3ヶ月は非常に安定感があったと思う。 アウェー戦すべてに勝利を収めたからね。 このことは、信念を持って来シーズンのスタートを切るうえでも良い踏み台になると思う。 我々には安定感が必要だと思っているし、可能であればチームを強化したい。 多くのクラブが多額の資金を投入していることもあり競争が激化している。 今日のフットボール界では資金力が一番の才能なんだよ。」 CL予備予選からの参加について… 「我々に欧州のトップチームと対戦する能力があることを意味している。 我々が望んできたことだ。 CLに出れるチャンスがあることで、選手獲得がスムースに行えるようになるしね。 ただ、まだ出場権を獲得していないことを忘れてはならない。 我々は予備予選からの参加だし、そこは非常にトリッキーなラウンドだ。 だが、少なくとも我々にチャンスがあることは間違いない。」 来シーズンでも(シーズン終盤の?)競争力を発揮できるか… 「2月1日以降、我々はどのチームよりも多くのポイントを獲得している。 偶然の出来事ではなく、グループが成長してきた証だと思っている。 このチームはシーズンを通して成長してきた。 ビッグ・ゲームに勝てなかったこともあって長いこと自信を失っていたが、アウェーのバイエルン戦でシーズンの流れが変わったと思う。」 (ソース:Arsenal.com) 4位で終えられて良かった… 選手&スタッフの皆さんお疲れでした! さぁこれから補強だ! にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
アーセナル501ゴールズ [DVD]
クリエイティブアクザ (2010-01-22)
売り上げランキング: 10,545
戸田れい My Baby~私とあなたの~ [DVD]