Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

クロップ監督:エジルの移籍はフットボール界に衝撃を与えた

■夏の移籍市場が終了し新シーズンのスカッドが確定しました。 25名枠に入るアーセナルの選手は以下のとおりです。 なお、21歳以下の選手は25名の枠を超えて登録することが可能です。 選手名(※は自国内育成選手) アルテタ ベントナー(※) カソルラ ディアビ ファビアンスキー フラミニ ギブス(※) ジルー コシエルニー メルテザッカー モンレアル エジル パク・チュヨン ポドルスキー ラムジー(※) ロシツキー サニャ シュチェスニー(※) フェルマーレン ヴィヴィアーノ ウォルコット(※) (ソース:Sky Sports) ■新加入のサノゴはアーセナルに大満足のご様子です… サノゴ 「自分の出番が必ず来ると思ってる。 それに備えて毎日ハードワークしてるよ。 僕はまだ20歳だから経験を積んでいくためにもハードワークし続ける必要があると自分に言い聞かせているんだ。」 「アーセナルへ来て2ヶ月になるしイングランドにも慣れてきたよ。 偉大な選手たちと一緒にトレーニングしてるから成長しまくりだよ。」 「アーセナルは偉大なクラブだ。 僕はまだほんの一部にすぎないけれど、僕だって他の選手達と同じなんだ。 2つの目と2本の足があるんだからね。」 (ソース:Sky Sports) ■CLでアーセナルと同組になっているボルシア・ドルトムントのクロップ監督は、レアルがなぜエジルの売却に踏み切ったのか理解できないと語っています… クロップ監督 「CLで我々がどんな選手と対戦するのかは特に気にしない。 だが、メスト(・エジル)の一件にはフットボール界に衝撃を与えたと思う。 なぜ彼が売却されたのか誰にも分からないからね。 レアルはそんなにお金が必要だったのか?」 「レアルのペレス会長はベイルが欲しくて、そのために1億ユーロ(約130億円)支払っている。 ペレス会長はかつてドイツの建設会社ホッホティーフを買収しているけれど、彼はお金の使い道が分からなくなるときがあるようだね。」 (ソース:Sky Sports) ■ミラー紙によると、アーセナルは守備的MFのスカウティングを継続しており、主にドイツに目を向けているそうです。 今夏の獲得の噂もあったドルトムントギュンドアンレバークーゼンラース・ベンダーについても、引き続きスカウトを派遣して視察を続けていくらしいです。 アーセナルには新加入のエジルを含めポドルスキーメルテザッカー、アイスフェルド、グナブリー、ゼラレムというドイツ人選手が在籍しています。 (ソース:Mirrorにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 村上友梨 マイ・メモリーズ[DVD]