読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs ナポリ戦プレビュー

UEFA CL 13-14
ナポリ戦へ向けてのチームニュースです… ベンゲル監督 「土曜日のスカッドは全員プレー可能だ。 明日はロシツキースカッドに復帰し、再びプレーすることができる。 ハムストリングの怪我は回復している。」 「彼はあらゆるオフェンシブなポジションでプレーすることのできる選手だ。 彼はとても影響力があるし復帰はとても嬉しいことだ。 まだ誰をスタメンで起用するかは決めていない。 しかし、彼がスカッドに復帰してきたことにとても満足している。」 (ソース:Arsenal.com) ■今シーズンはスタートダッシュに成功しているアーセナルですが、開幕戦ではホームでアストン・ヴィラに敗れるという最悪の出だしでした… ベンゲル監督 ※訳が微妙ですアストン・ヴィラ戦のあとでも私はポジティブだと言っていた。 なぜなら、このチームのメンタル面のレスポンスを信頼しているからだ。 人々は我々が3月以降負けなしという、とても長い間無敗だったことを忘れてしまっていた。 21試合のなかでたった一度の敗戦なのだ。」 「いろいろな要因が混ざり合ってそうなってしまったのだと思う。 我々が誰も獲得していなかったし、何年もリーグ制覇を逃しシーズンの開幕から最悪な状態だったりしたからね。」 「これらの状況が重なりあってちょっとした爆発が起きた。 しかし、結果を見る限りは起きるべくして起こったことだと思う。 我々は10人でプレーしていたが、グループの持つクォリティは発揮されていたからね。」 (ソース:Arsenal.com) ■今シーズンは100%タイトルに挑戦できると思っているとしながらも、シーズン序盤でタイトル争いを議論するのは時期尚早だとベンゲルは語ります… ベンゲル監督 「我々の仕事にとって最も重要なのは、野心と謙虚さのバランスを保つことだと思っている。 もちろん野心はあるしタイトルを獲得したい。 だが謙虚さも必要だ。 まだ6試合しか消化していない今の段階で、タイトルについて語るのは全く馬鹿げたことだからね。」 「我々にできることは野心を持ち続けることだ。 そして謙虚さも併せ持ち、さらに成長したいという意識を持つことだと思う。」 (ソース:Arsenal.com) ■昨シーズン、アーセナル財団のアンバサダーに就任したチームのレジェンドの一人であるピレスですが、ここ数週間はロンドンコロニーでトレーニングを行っているそうです。 ピレスの存在は次世代を担う若手にとって非常に良い影響を与えるだろうとベンゲルは語っています… ベンゲル監督 「ピレスが我々の一員になったという訳ではない。 彼は1973年生まれだ。 彼は今もフィットした状態にあるし、偉大な選手と共にトレーニングを行えるのはとても幸せなことだと思う。 彼もときどきトレーニングに参加するしね。」 「若手選手にとっては最高に素晴らしい機会だと思う。 彼はU-21チームの若手選手たちと練習を行うのだ。 その年齢でトップ・プレーヤーと共にプレーする以上に素晴らしい教育はないと私は常々感じている。」 (ソース:Arsenal.comにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
ザ・マネージャー  名将が明かす成功の極意
マイク・カーソン Mike Carson
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 41,425
中村静香 2014カレンダー