Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウォルコットに5年総額35億円を提示へ?【アーセナル移籍ゴシップ】

■今のチームには成功を手にするだけのクォリティが備わっているとメルテザッカーは語ります...
メルテザッカー
「(スウォンジー戦で)83分すぎに同点に追いつき、逆転したことにはとても満足している。 前半は厳しい試合だったが、後半は主導権を取り戻すことができたしすごく良かったと思う。」

「シーズンのこの時期は安定感が求められるんだ。 僕らは良い感じで来ているけど、マン・C戦やチェルシー戦そしてCLのノックアウトステージと集中力を維持し続けなければならない。 これらの試合に勝たなきゃいけないからね。」

「僕らは常にタイトルを求めているし、このグループには何かを達成するだけの力があると思ってる。 僕たちは次の試合のことを考えていてグループの状態も良い。 5月の時点でどうなるかより、次の試合のことを考える方が僕らにとって大事なんだ。」
(ソース:Arsenal.com

アーセナルが契約延長交渉を行っているウォルコットに対して、5年総額2,500万ポンド(約35億円)のオファーを出すことに決めたらしいとミラー紙が報じています。 ウォルコット側が求めていた週給9万ポンド(約1,263万円)への増額をアーセナルが受け入れる形になるようです。
(ソース:Mirror

アーセナルがローン移籍での獲得を目指していると噂されているナポリのチリ代表FWバルガスに対して、サンパウロも獲得に動いているらしいです。 サンパウロの会長がラジオで語ったところによると、移籍金などで基本合意に達しているらしく、今週中にも正式にサインすることになるらしいです。
(ソース:Sky Sports

アーセナルバーミンガムイングランド代表GKジャック・バトランド(19)に興味を示していると噂されています。 アーセナルの他にはフラム、サウサンプトンリバプールエバートンも関心を持っているらしいです。 パドランドに関しては、フラムとサウサンプトンが昨夏に移籍金600万ポンド(約8.4億円)のオファーを出したものの断られています。
(ソース:Daily Star




にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ