Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベッカムがアーセナルのトレーニングに参加?【アーセナル移籍ゴシップ】

アーセナルは7月13日〜14日の日程でインドネシアに遠征し、ゲロラ・ブン・カルノ・スタジアムでインドネシア代表とエキシビジョン・マッチを行うと発表しました。 昨年11月にイギリスを公式訪問中だったインドネシアのユドノ大統領とカジディスCEOが会談した際に、インドネシア遠征を行うことが確認されていました。
(ソース:Arsenal.com

イングランドのフィジカルなプレーが移籍の決め手だったとジルーは語っています...
ジルー ※訳が少し微妙です
「それがこの国を(移籍先に)選んだ理由だよ。 すごく激しいから強力なフィジカルが求められる。 プレーするには、それに対する準備ができていないといけないんだ。」

「フィジカルな試合は好きだけど、ワンツーなどのパスを絡めたプレーも好きなんだ。 ルーカス(・ポドルスキー)やサンティ(・カソルラ)、テオ(・ウォルコット)、トマシュ(・ロシツキー)たちと一緒にプレーするのは楽しい。 僕らは互いのことを十分理解し合ってるからね。 良い感じで試合ができていると思う。」

「2〜3週間あまり良いプレーができない時期もあった。 自信を持って前進し続けていたけど、あまり出場機会がなかった。 だから、2試合連続でゴールを奪えたのは僕にとって大きいよ。」
(ソース:Arsenal.com

ウォルコットは水曜日のリバプール戦へ向けて気を引き締めているようです...
ウォルコット
リバプール戦は激しい戦いになると思う。 両チームとも4位争いをしているからね。 だけど、この前のホームゲーム(ウェストハム戦)を見ても分かるように、僕らにはリバプールを倒すのに十分な力が備わってるんだ。」

「Yes、勢い付いてきたと思う。 これまでは輝いていた時もあったけどアップダウンもあった。 僕らは全ての試合を輝きを放たなければいけない。 僕たちはスロースタートで目を覚ますまで時間がかかる傾向になる。 そのシステムから抜け出さないといけないし、そのために集中している。」

「自分のプレーをすごくエンジョイできてる。 ここ2年くらいは厳しかったけど全力でフットボールを楽しんできた。 常に適切な人達の意見に耳を傾けて、チャンスを貰えるたびにエンジョイしながらプレーしてる。」
(ソース:Arsenal.com

バルセロナのロセリ会長は、ビジャの移籍へ向けてアーセナルと交渉中だとする噂を一蹴しています...
ロセリ会長
「冬の移籍市場でビジャを放出するつもりは全くない。 彼は我々の選手だし我々も彼を必要としている。 シーズンはまだたくさん残っているのだからね。」

(ソース:Sky Sports

■その一方で、アーセナルバルセロナがビジャの移籍について、正式な話し合いを行っているとも報じられています。
(ソース:Goal.com

LAギャラクシーを退団したベッカムが、今日からアーセナルのトレーニングに参加すると複数のメディアが報じています。 11月にLAギャラクシーを退団したベッカムは、体調管理を行うためにアーセナルのトレーニングに参加するようです。 ベッカムは2008年にもアーセナルのトレーニングに参加したことがあります。 ちなみに、彼の3人の息子たちは今週からチェルシー・ユースのトレーニング・プログラムに参加しているとか。
(ソース:Daily Mail

アルシャビンモナコへ移籍するようだと報じられています。 アルシャビンについてはレディングやラツィオも獲得に動いていると噂されています。
(ソース:Fanatix

アーセナルがAZに所属するオランダ代表MFアダム・マヘル(19)の獲得に動いていると噂されています。 この噂についてAZのフェルベーク監督は、移籍先としてはアーセナルが理想的だと語っています...
フェルベーク監督
アーセナルは彼にとって完璧なクラブだと思う。 ベンゲル監督はマヘルのような若手選手をこれまで多数指導してきているからね。 彼はアーセナルで自分の実力を最大限発揮できると思う。 ファン・ペルシも若い頃にアーセナルへ加入し活躍してきたからね。」

(ソース:Sky Sports

■オーナーのクロエンケ氏に次ぐ株式を保有しているウスマノフ氏は、アーセナルに多額の資金を投入することもいとわないと語っています...
ウスマノフ氏 ※訳が微妙です
「私にとってもベンゲルは世界最高の監督だ。 彼も大変だとは思うがね。」

「彼が必要とするときに希望する選手を獲得できるべきだと私は思っている。 そうなれば彼にあらゆることを求められると思う。 だが、今の彼はポリシーのせいで犠牲になっている。」

「すべてはクロエンケ氏のさじ加減次第だ。 例え彼が私のアイディアに強力するつもりがなくても、私は彼の成功を願っている。 ベンゲルの最大の功績は2つのチームを作り上げたことだ。 一つは我々のライバルでプレーする選手たちで、もう一つはリーグでベストになろうとしている選手たちだ。」

「監督のご機嫌取りのために、スーパースター獲得の可能性を与えれば良いというものではない。 ベンゲルが望むスターを獲得しなければならないのだ。 まぁアーセナルは私を必要としていないようだがね。 だが私はへこたれない。 もし私の資金やノウハウなど助けが必要ならば、いつでもそれを提供する用意はある。」
(ソース:Sky Sports




にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

ナイキ アーセナル コアトレーナージャケット ブラック×アーティレリーレッド M