Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:ドルトムント vs アーセナル戦の結果

−CL グループF−
ボルシア・ドルトムント 0−1 アーセナル

《得点》
ドルトムント
アーセナル:62’ラムジー

【出場メンバー】
シュチェスニー
サニャ
メルテザッカー
コシエルニー
ギブス
アルテタ
ラムジー
ロシツキー → 90’フェルマーレン
エジル
カソルラ → 75’モンレアル
ジルー → 90’ベントナー

=ベンチ=
ファビアンスキ−
ジェンキンソン
ヘイデン
グナブリー


ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋
結果について…
「特に守備の面で一体感と集中力を持ったパフォーマンスを発揮できたと思う。 我々はドルトムントの猛攻を受けた。 ポゼッションこそ我々の方が高かったがチャンスに継がることもなく、前半はあまり意味を成さなかった。 ドルトムントの守備をこじ開けられるまで先にミスを犯さず、集中することが大事だったが我々はそれを実行できた。」

「後半の立ち上がりも厳しい時間帯があったが、先制してからは追加点のチャンスもあったしプレッシャーは弱まったと思っている。 これは大きな勝利だよ。 彼らはCLのホーム戦で強さを発揮しており、勝てているチームが少ない。 全体的に見ても、チームは高い一体感で難しい時間帯を乗り切ったと思う。」

ラムジーについて…
「彼の活躍は選手の評価というものが非常に難しいことを示していると思う。 1年前なら誰もが『ラムジーにゴールを決める力はない。 エリア内で絶好の位置に居ても決めきれないからだ。』と言っていたからね。 だが今シーズンの彼は毎試合のようにゴールを決めている。 私は常に彼のことをポジティブに捉えていた。 なぜなら、試合を振り返ると危険な存在に成り得る状況にいつも居たからね。 今シーズンの彼は大きな自信を身に付けているし、ボックスからボックスまでを動き回れる素晴らしいエンジンもある。 自信と能力の高さが彼を危険な存在にしているのだ。」

欧州大会のアウェー戦での今回の結果が持つメッセージについて…
「この結果が信念をさらに強め、もう一度最高のパフォーマンスを発揮してくれることを願うだけだ。 日曜日には再びビッグ・ゲームが控えている。 また素晴らしいパフォーマンスを発揮したいものだ。」
(ソース:Arsenal.com


この勝利は大きいですね!


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ


アーセナル 2005〜2006シーズンレヴュー [DVD]
ARC (2009-09-24)
売り上げランキング: 30,192





新垣結衣 2014カレンダー