Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

レフェリーがギブスへの誤審を認め謝罪。退場を取り消しへ

■BBCによると、先日のチェルシー vs アーセナル戦で全く無関係のギブスを退場させたマリナー主審が誤審を認め、アーセナルに謝罪したそうです。 アザールの放ったシュートをゴール前に居たオックスレイド=チェンバレンがブロックに行った際、ボールが手に当たりましたが、マリナー主審はなぜか関係ないギブスにレッドカードを出しました。 その直後にチェンバレンがボールに当たったのは自分だと伝えましたが無視されました。 イングランド・プロ審判協会はこの件について、マリナー主審が誤審を認めアーセナルに謝罪したとの声明を発表しました。 (ソース:BBC) ■ギブスの退場は明らかに人違いということで処分が取り消され、もともとハンドを犯していたオックスレイド=チェンバレンにレッドカードと1試合の出場停止が引き継がれることになります。 しかしアーセナルは、アザールのシュートは狙い通りだった訳ではなく明確な得点機会をファールによって阻止したことにはならないとして、チェンバレンの処分取消しをアピールするらしいです。 (ソース:Daily Mail) ■ミラー紙によると、アーセナルはジェンキンソンにトップチームでの経験を積ませるため、来季はシーズンローンへ出す方針だそうです。 すでにニューカッスルウェストハムがローンを希望しているとか。 アーセナルはサニャとの契約延長交渉が暗礁に乗り上げていますが、ベンゲルはジェンキンソンのローン移籍を実行するだろうとのこと。 (ソース:Mirror) ■夜遊びをして大酒を飲んだことでクラブから2週間分の賃金に相当する罰金を科せられたベントナーですが、母国デンマークへ戻りFCコペンハーゲンの試合を観戦していたようです。 ベントナーは今夏の移籍を公言しており移籍先としてドイツのクラブが有力視されています。 それを裏付けるかのように、ベントナーがハンブルガーのアーネセンSDと共に試合を観戦している姿が写真に撮られています。 (ソース:Mirror) ■リールのサロモン・カルーは1月にアーセナルからローン移籍の打診があったが断ったことを明かしました… サロモン・カルー 「移籍の可能性? アーセナルへ行く可能性はあったね。 期限間近にローン移籍をするかもしれなかった。」 「でも、(リールで)3位でフィニッシュしたいし、W杯へ向けて準備もしたい。 それにフランス杯で決勝へも行きたいんだ。 」 (ソース:Daily Mail にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 川島海荷写真集 海荷二十歳