読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs ドルトムント戦の結果

CL グループD

アーセナル 2−0 ボルシア・ドルトムント

グループリーグ突破決定!

 

《得点》

アーセナル:2’サノゴ、57’A・サンチェス

ドルトムント

 

【出場メンバー】

マルティネス

チャンバース

ギブス

メルテザッカー

モンレアル

アレクシス・サンチェス

アルテタ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 66’フラミニ

ラムジー

カソルラ

オックスレイド=チェンバレン → 89’キャンベル

サノゴ → 79’ポドルスキー

 

=ベンチ=

ハダート

ロシツキー

コシエルニー

ベレリン

 

ウィルシャーが最長で3ヶ月の離脱か?

マン・U戦で足首を負傷したウィルシャーが、火曜日に専門医の診断を受けたようです。 重度の靭帯損傷で最短で8週間、手術をした場合は3ヶ月の離脱になるだろうとのこと。 ドゥビュシー、ジルー、コシエルニーなどなど、今シーズンのアーセナルは重い怪我で長期離脱する選手が続出してきたなか、さらにウィルシャーの長期離脱が重なることで、チームに与える精神的ダメージは大きいと予想されます。

(ソース:Mirror

 

1月の補強プランを一新?

ミラー紙の報道によると、ウィルシャーが最長で3ヶ月の離脱になる可能性が出てきたことから、アーセナルは1月の補強プランの再検討をはじめているようです。 怪我人が多く選手層も薄い守備陣の強化は従来通り行う予定ですが、ウィルシャーが抜けたことでCMFと守備的MFの補強も急ぐ方針のようです。

以前から噂のあるセビージャのポーランド代表MFグジェゴシュ・フリホヴィアク(24)に加えて、エバートンアイルランド代表MFジェームス・マッカーシー(24)の獲得にも動くらしいです。 また手薄な守備陣に関してはイプスウィッチイングランド人DFタイロン・ミングス(21)獲得に動くと噂されています。

(ソース:Mirror

 

バイエルンがシャチリをローンで放出か?

バイエルン・ミュンヘングァルディオラ監督は、スイス代表MFジェルダン・シャチリ(23)を買取オプション付のローン移籍で1月に放出する方針を固めたらしいです。 シャチリの獲得にはアーセナルリバプールナポリアトレティコ・マドリーなど複数のクラブが参戦しているようです。

(ソース:Mirror

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

横山由依ファースト写真集『ゆいはん』