読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs バイエルン・ミュンヘン戦プレビュー

■CLノックアウト・ラウンド1回戦1stレグのバイエルン・ミュンヘン戦へ向けてのチームニュースです…
ベンゲル監督
「日曜日以降、すべての選手が回復しているし怪我人も出ていない。」

「アルテタが出場停止で欠場するが、ロシツキーはグループに復帰している。 したがって、リバプール戦のスカッドロシツキーという形になるだろう。」
(ソース:Arsenal.com

■昨シーズンのCLでもバイエルン・ミュンヘンと対戦しているアーセナル。 勝ち上がることはできませんでしたが、アウェー戦で0−2と勝利を収めたことが今シーズンの好調へと繋がっているとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「あの試合(アウェーのバイエルン戦)以降、良いプレーができるようになったし、良い形でシーズンを終えられたことが自信にもなった。」

「昨年はアウェーゴール数により敗退した。 つまりホーム戦で失点しないことが何より重要になってくる。 だが、現在の我々は1年前よりもメンタルの状態がはるかに良いと思っている。 昨年はFAカップブラックバーンに敗れた直後で、我々は大きな失望のなかにいた。 今回はリバプールに勝ったばかりだし、この試合でも勝利を収める決意だ。」

「我々は優位な立場にあると思っている。 今度もリバプール戦で示した集中力とスピリットを再び示せればと思う。」
(ソース:Arsenal.com

ウィルシャーはホームで0−0のドローに終わっても、相手にアウェーゴールを与えない限り問題ないと語っています…
ウィルシャー
「僕たちは試合に留まることの重要性について話してる。 仮にホームで0−0という結果になっても勝ち上がるチャンスは十分あるよ。 アウェーゴールが重要になってくるからね。 特にCLではもの凄く大きな意味を持ってくるんだ。 僕らも昨年はアウェーゴールで敗退した。 だから今年はもう少しインテリジェントになって、試合に留まることが必要だと思う。」

「昨年の僕らは少しナーバスになっていたと思うんだ。 前の週末にFAカップブラックバーン戦で負けていたし、ビッグ・ゲームの緊張感がスタジアムを覆っていたからね。 少し落ち着いてきたらしっかりと試合ができるようになったしチャンスも作れた。 バイエルンの3点目はラッキーゴールだったと思うけど、僕らはそれが原因で敗退した。 でも今年はもっとインテリジェントになって試合に臨みたい。 まずはしっかりと守備をしたいと思ってる。」

「僕らはホームで抜群の守備力を誇っている。 フェルマーレンですら出場できないんだからね。 僕らがどれだけ素晴らしい守備をしているかが分かると思う。 今シーズンの守備陣には競争があるし、きょうまで素晴らしいプレーをしてきている。 フラミニが中盤をより堅固にしているし、僕らも守備に自信を持てるようになった。 それに選手たちがチャンスを作れることも分かっているしね。」

「アルテタも素晴らしい活躍をしているよ。 彼が居ることで攻撃的な選手たちがさらに前へ出れるようになるんだ。 それに彼がエバートンで10番を背負っていたことを忘れちゃだめだ。 彼は自分のプレースタイルを変えたんだ。 フラミニはピッチを走り回ったりタックルしたりというプレーが得意だ。 彼らは僕らのパフォーマンスに素晴らしい基盤を提供してくれている。」
(ソース:Arsenal.com

■イタリアでの報道によると、アーセナルが獲得に動いていると噂されているACミランバロテッリが、現在の状況に不満を持っているらしく今夏に移籍するかもしれないとか。 1月にも移籍を考えていたらしく代理人がチェルシーと接触したようですが、結局何もまとまりませんでした。

アーセナルは絶対的ストライカーの補強が目標となっていますが、これまでのバロテッリはベイルの倍以上の移籍金が必要と言われるなど手の届かない存在でした。 しかし状況が変わったことで獲得の可能性が見えてきたようです。 ベンゲルと代理人が今週にも会談を行うとの情報もあるとか。
(ソース:Daily Express








にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











青木美依奈 らぶみーな LOVE ME NOW! [DVD]