Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ドイツ代表の若手DFに興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

■タイトル争いに残るためにもトテナム戦は絶対に負けられなかったとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「勝利へのプレッシャーが強かった試合に勝つことができたし、我々にとって最高の1日だよ。 トテナムのプレッシャーは素晴らしかったと思うが、我々は素晴らしい集中力とDFたちの最高のパフォーマンスによってそれを受け流した。 また、我々は常に危険な存在だったね。」

「ただ、試合を決め切ることができなかった。 だからこそミスは一つも許されない状況だったし、我々は説得力のあるプレーでそれを成し遂げた。 チェルシーの敗北によって我々は再びタイトルレースに復帰した。 リバプールとマン・Cもアウェーで勝利を収めたことによって、タイトルレース終盤がより興味深いものになっている。」

「この勝利によって我々は良いポジションに戻った。 ただ、(未消化の?)試合に勝ってもまだ1P差なので、自分たちの試合に勝ち続けることがとても重要になってくる。 今は集中と回復を繰返し次の試合でも勝利を収めるだけだ。」
(ソース:Arsenal.com

■トテナム戦の試合後にシュチェスニーが投稿した画像が大人気となっています。 シュチェスニーは素晴らしい応援をしてくれたファンに恩返しがしたかったとコメントしています…
シュチェスニー
「スタッフのポール・ジョンソンにお願いして試合後に僕のスマホをピッチまで持ってきてもらったんだ。 素晴らしいアーセナル・ファンの皆と一緒にセルフィー(※自画撮り画像)を撮りたかったのさ。 彼らは本当に素晴らしかったからね。 彼は自分たちの気持ちを歌い、試合を楽しめたと思っている。 ファンの皆は最高に素晴らしかったから僕らとしても彼らに恩返しがしたかった。」

「アウェー戦だったし僕らは守備に集中していた。 彼らはほとんどチャンスを作れていないし、ナセル・シャドリからのシーンが唯一決定的な場面だったと思う。 僕らの守備は素晴らしかったと思う。 僕らが序盤にゴールを決めたことで、トテナムは試合を支配しようと躍起になっていた。 2人のCBも素晴らしかったけど、その後フェルマーレンが加わって3人に体制になった。 彼らは本当に最高だよ。」

「僕らにとってもの凄く大きな勝利になった。 チェルシーがヴィラ相手にポイントを落としたことは知っていたし、僕らはこのチャンスを生かさないといけなかったからね。 ホワイト・ハート・レーンでの勝利も数年ぶりだし本当に嬉しいよ。」

シュチェスニー・トテナム
シュチェスニーが投稿した画像

(ソース:Arsenal.com

■今シーズン末で契約切れとなるサニャとの契約延長交渉が未だにまとまっていないようです。 アーセナルは週給6万ポンド(約1,014.9万円)の2年契約を提示しましたが、サニャ側は週給9万ポンド(約1,522万円)以上で3年契約を要求しており交渉は暗礁に乗り上げているとのこと。 右SBはジェンキンソンしかいないため、ベンゲルはサニャの残留を強く望んでいると報じられています。

サニャに関してはガラタサライインテルが興味を示しているといわれています。 また、サニャは契約が残り半年を切っていることから他クラブと自由に交渉できる状況にあります。
(ソース:Daily Mail

アーセナルとマン・Uがフライブルクのドイツ代表MF/DFマティアス・ギンター(20)を巡って争奪戦を繰り広げていると噂されています。 アーセナルは週末の試合にチーフスカウトのスティーブ・ローリーを派遣していたとか。 移籍金は600万ポンド(約10億円)。 フェルマーレンが今夏に移籍する可能性が高いことから、ベンゲルは後任としてギンター獲得を進めたいようです。
(ソース:Mirror







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











長崎真友子DVD「タイトル未定」(仮)