Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

セルティックがファビアンスキー獲得に動く?【アーセナル移籍ゴシップ】

ベンゲルの契約延長について、シュチェスニーは何の問題もないだろうとコメントしています…
シュチェスニー
「彼の将来については何の疑問もないと思ってる。 長年に渡って指揮を執っているからもの凄い経験豊富だし、最悪の時期も切り抜けてきているからね。」

「僕たちは彼のことを信頼しているし、彼も選手たちのことを信じている。 だから、ここで長く働くことができると思うよ。」
(ソース:Sky Sports

■以前から度々噂が出ていますが、アーセナルが今夏にリールのフランス代表FWサロモン・カルー(28)獲得に動くと報じられています。 カルーは以前、1月にアーセナルからローン移籍の打診があったことを明かし、リールがCL出場権を得る手助けをしたいとの理由からオファーを断ったとコメントしていました。

ただ、リールの契約は2年残っていますが、シーズン後の移籍を考えているらしいです。 移籍金は最低でも250万ポンド(約4.3億円)といわれています。 なお、アーセナルの他にはウェストハムとトテナムも興味を示しているとか。
(ソース: London Evening Standard

■こちらも以前から噂になっていますが、来シーズン末で契約切れとなるボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFギュンドアン(23)に対して、アーセナルが今夏の獲得に動いていると報じられています。 他にはマン・Uやレアル・マドリーバルセロナも獲得に動いているとのこと。

ドルトムントはもちろんギュンドアンの契約延長に動いており、W杯前の合意を目指しているそうです。
(ソース:Daily Express

■今夏で契約切れとなるファビアンスキーに対して、セルティックも獲得に乗り出してきたと噂されています。 すでにレスター・C、FCバーゼルシャルケ、セビージャなども獲得に動いているといわれており争奪戦となっています。

アーセナルは3年の契約延長をオファーしていますが断られたとのこと。 ファビアンスキーは出場権を求めているそうです。
(ソース:Daily Mail







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











黒田有彩 メビウス [DVD]