読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

スモーリング獲得に動く?【アーセナル移籍ゴシップ】

■ハル・CとのFAカップ決勝で復帰が予定されいるウィルシャーについて、今夏に行われるブラジルW杯までにはベストの状態に戻っているだろうとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「彼は今週からランニングを再開している。 あと2〜3週間といったところだ。 ホジソンとも話したが、ウィルシャーイングランド代表としてプレーできるだろうと伝えてある。 イングランド代表として輝きを放つことだろう。」

「ジャック(・ウィルシャー)には良い意味で驚かされるよ。」

イングランドは非常に厳しいグループに入っており問題が山積みとなっているが、そういったグループを突破するには真に強い信念が必要になってくる。 ただ、最初は状況にうまく対応しなければならない。 イタリアやウルグアイと同組だし、彼らからポイントを獲得しなければならないからね。」
(ソース:Sky Sports

■デイリー・スター紙の報道によると、アーセナルは今夏の移籍市場でマン・Uのイングランド代表DFクリス・スモーリング(24)獲得に動くらしいです。 ベンゲルはフラム時代からスモーリングを気に入っているそうです。 また、右SBとしてもプレーできる点に注目しているとか。

スモーリングは4年前、ファーガソンによってフラムから1,100万ポンド(現在のレートで約18.9億円)で引き抜かれましたが、モイーズはあまり重宝すておらず、新たなCBを探しているらしいといわれています。
(ソース:Daily Star

■そのマン・Uは昨夏に続き今夏もバルセロナのセスク獲得に動くらしいです。 昨夏は3度のオファーを行っていますが全て拒否されています。 ただ、バルセロナはセスクを2015年夏の放出候補に挙げているらしく、適切なオファーが届けば放出するだろうと噂されているらしいです。
(ソース:Metro

アーセナルが第二のベイルといわれている、サウサンプトンイングランド人MFカラム・スラッテリー(16)の獲得に動いているらしいです。 アーセナルはすでにチーフスカウトのローリー氏を派遣しているとか。

近年のサウサンプトン・アカデミーはベイルを筆頭にウォルコットオックスレイド=チェンバレンルーク・ショーといった次世代のスター選手を数多く輩出しています。
(ソース:Mirror

■ミラー紙によると、アーセナルはバーンリーのイングランド人RSBキーラン・トリッピアー(23)に興味を示しているとか。 トリッピアーはマン・Cアカデミーの出身で、各世代別のユース代表にも選ばれていました。

また、アルテタの契約が来シーズン末で切れることから、古巣のエバートンが状況を注視しているとの噂も。
(ソース:Mirror

■以前から度々噂がありますが、アーセナルやマン・U、リバプールエバートン、パリSGがレアル・ソシエダのフランス代表MFアントワーヌ・グリエスマン(23)を巡って争奪戦を繰り広げているそうです。 移籍金は2,000万ポンド(約34.4億円)。
(ソース:Mirror






にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











鷹羽澪 恋愛季節 [DVD]