Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウェルベック獲得に動く?【アーセナル移籍ゴシップ】

■今シーズン末で契約切れとなるベンゲルですが、来シーズン以降もチームに留まるとコメントしています…
ベンゲル監督
「これまで何度もコメントしてきたことだが、指揮を執り続けたいとクラブへ伝えている。 それはつまり残留するという意味だ。」

本人は続投に意欲を見せていますが、古巣のモナコがラブコールを送っているとも報じられています。
(ソース:Sky Sports

アーセナルがマン・Uのイングランド代表FWダニー・ウェルベック(23)の獲得に動いているらしいです。 移籍金は2,000万ポンド(約34.3億円)。 アーセナルの他にはトテナムやエバートンも獲得に興味を示しているとか。

モイーズ前監督はウェルベックを起用せずベンチを温める日々が続いていました。 解任され新監督が決まれば状況が変わる可能性もありますが、後任にはオランダ代表のファン・ハール監督が有力視されており、ファン・ペルシルーニーのコンビを重宝する可能性が高いといわれています。

マン・Uは守備陣の強化を今夏の目標に掲げているらしく、ウェルベックは補強資金確保のため放出要員になっているとの噂もあります。
(ソース:Mirror

アーセナルが獲得に動いていると噂されているエバートンアイルランド代表SBシェイマス・コールマン(25)に関して、エバートンが契約延長のオファーを準備していると報じられています。 コールマンは最近新たな4年契約を結んだばかりです。 しかし、アーセナルが現在の週給3万ポンド(約514万円)の倍近い金額でのオファーを準備していることから、エバートンもコールマン引き留めのため給与の増額を検討しているとか。
(ソース:Mirror

バルセロナが今夏の放出要員としてアレックス・ソングをリストアップしているらしいです。 本人はプレミアリーグへの復帰を希望しており、なかでもロンドンへの復帰を熱望しているとか。 ソングはイタリアのパスポートも持っているようですが、家族がロンドンへ戻りたがっているそうです。 アーセナルの他にトテナム、ウェストハムが移籍先として挙げられています。

アーセナルからバルセロナへ移籍した際の金額は1,500万ポンド(現在のレートで約25.7億円)でしたが、今回の移籍金は1,000万ポンド(17億円)前後だとか。
(ソース:Mirror





にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











杉原杏璃/あん・あん・あん [DVD]