Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ラース・ベンダー獲得に動く?【アーセナル移籍ゴシップ】

■左膝の靭帯断裂の大怪我で長期離脱しているウォルコットですが、来シーズンは自分にとってもチームにとっても非常に大事なものになってくると語っています…
ウォルコット
「一人で寂しいよ。 ピッチでチームメイトのみんなに会いたいね。 でも、来シーズンは自分自身にとってもチームにとってもすごく重要なシーズンになると思ってる。」

「FAカップで優勝できるかもしれないしね。 僕らには大きなチャンスがあるんだ。 そして一度トロフィーを手にした選手というのは、さらなるトロフィーを望むものなんだ。 でも、最初の1つ目がとても重要になってくると思う。 それを獲得できたら、あとはどんどんタイトルを獲れるはずだ。 僕はそう確信してる。」

「監督が再びトロフィーを手にすることは素晴らしいことだよ。 彼はシーズンを通して僕たちのことを信頼してくれた。 僕たちが良いプレーをできなかったとしても、批判は全て彼に跳ね返ってくるんだ。 毎週、試合でプレーするのが僕たちだとしてもね。」

「このことは、彼がどれだけ僕たちのことを信頼しているかを示していると思うし、彼にとっても重要なことだと思う。 僕がアーセナルへやってくる直前のシーズンは信じられないような内容だったし、監督も再びあの栄光を望んでいるはずだ。 」

「アーロン(・ラムジー)を失い、次がメスト(・エジル)でその直後にジャック(・ウィルシャー)を欠くことになった。 監督もこの状況に対処するのは厳しかったと認めている。 チームの主力が3名も抜けたら影響は出るよ。 全員が同じ時期に負傷してしまったのが残念でならない。 でも、それにチームとして対処しなきゃいけない。 できれば主力選手はフィットさせたままにしたかったけど、残念ながら僕らにはそれができなかった。」
(ソース:Arsenal.com

■ミラー紙によると、アーセナルは中盤の強化とアルテタの後任候補として、レバークーゼンのドイツ代表MFラース・ベンダー(25)の獲得に動くらしいです。 ちなみに、昨夏も獲得に動いていたらしいですがレバークーゼンを説得することができませんでした。 アーセナルは2,000万ポンド(約34.5億円)まで支払う用意があるそうです。
(ソース:Mirror

■以前からアーセナルが獲得に動いていると噂されているPSVのベルギー代表MFザカリア・バカリ(18)について、契約延長交渉が上手く行っていないようだと報じられています。 現在の契約は来シーズン末で切れるため、交渉がまとまらない場合は今夏の放出もありえるとか。

バカリは8月のNEC戦でハットトリックを決め、エールディビジの最年少ハットトリック記録を塗り替えるなど活躍していましたが、ここ2ヶ月はスタメン出場が1試合と厳しい時期を過ごしています。
(ソース:Mirror








にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











秦瑞穂 [DVD]