Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミア:アーセナル vs W.B.A.戦の結果と試合後のインタビュー

プレミアリーグ
アーセナル 1−0 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

《得点》
アーセナル:14’ジルー
W.B.A.:

【出場メンバー】
シュチェスニー
サニャ
メルテザッカー
コシエルニー
モンレアル  → 80’フェルマーレン
フラミニ
アルテタ → 62’シェルストレーム
カソルラ → 70’ロシツキー
エジル
ポドルスキー
ジルー

=ベンチ=
ファビアンスキー
ジェンキンソン
ディアビ
サノゴ

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋
勝利について…
「我々は良いプレーをしたと思っているが、ウェストブロムにも何度かチャンスがあった。 だが、我々は勝利で試合を終えたかったし、実際勝利を飾ることができた。 トップ4入りを確定させたことは知っていたので少々抑え気味だったかもしれないが、我々は本気だったよ。 前半にゴールも奪ったしね。 2点目を奪うことはできなかったものの、シーズンを通してのホーム戦を見ると、開幕戦で敗れはしたもののその後は負け知らずだ。 だから、きょうの試合も負けないことが重要だったのだ。」

トップ4の確保について…
「私は選手たちの姿勢や行動が一貫していることに満足している。 ただ、リーグ戦で120日間トップに立っていただけにフラストレーションも感じている。 きょうの試合を見てもタイトなものだったし、落とすべきでないポイントを落としてしまったことが心をよぎった。 それに、シーズンの最も重要な時期に2名のキープレーヤーを欠いてしまったことも残念だ。 また、我々には5〜15試合の出場数だった選手たちがたくさんいる。 来シーズンへ向けて我々もいくつか改善していきたい。」

来シーズンへ向けて…
「我々がカップ戦で発揮してきたこれまでのチーム・パフォーマンスを見れば分かると思う。 (CLでは)厳しいグループを勝ち抜き、バイエルン相手に10人で戦った。 グループでの我々の姿勢は素晴らしかったし安定感のあるクォリティを発揮していたと思う。 しかし、我々はプレミアリーグで良い位置に着けていながら、決定的な何かを逃してしまった。」

ストライカーの補強を行わなかったことを後悔しているか?
「シーズンの重要な時期に攻撃的な選手を欠いていただけで、(補強しなかったことを)後悔している訳ではない。 解決策は必ずしも外部にあるとは限らない。 解決策はクラブ内にもあるのだ。 負傷者が続出することの難点は、常に同じ選手がプレーする必要がでてくることだ。 そうなれば疲れも溜まるし、もちろんゴールもあまり生まれなくなる。」

ビッグ・ゲームの戦術を変えては?
「我々だって試合に負けたくないし、もちろん勝ちたいと思っているよ。 だが、負けてしまった時というのは常に(戦術が?)間違っているのだ。 私はヨーロッパの最高の監督が集まる監督会議へ長期出張に行くと、毎年CLの優勝チームを分析する。 バルセロナが優勝したら誰もがポゼッションが重要だという結論になるし、事実ポゼッションのあるチームが勝つ。 だが、ボールをキープしていないチームが勝つと、おそらく誰もがボール・ポゼッションよりもカウンターをもう少し重視すべきだと言うだろうね。」

「私としてはそれらは常に同じ結論だと思っている。 でもクラブに哲学は必要なんだ。 もちろん様々な試合に適応していく必要はあると思う。 我々はいくつかの試合に負けたし、開始10分で2−0とされた試合もあった。 そうなると攻めるのも守るのも難しくなる。 同じように10人のDFで戦わねばならない状況だってあり得るのだ。」

ロイク・レミーが観戦に訪れていたようだが…
「正直、彼が来ていたことを今知ったくらいだ。 (なぜ観戦に来たのか?)私には分からないよ。 したがって、ロイク・レミーと契約するという我々の意思表示ではない。 彼がちゃんとチケットを買って観戦に来てくれたことを願うよ!笑 (招待したのか?)No、私が招待した訳ではないよ。」

サニャの今後について…
「私は彼に残って欲しいし説得できることを願っている。 契約切れになる選手はサニャとファビアンスキーの2名だ。 私としては二人とも残って欲しい。」

シェルストレームの今後について…
「彼はローン中だ。 モスクワの所属だからそこへ戻るよ。」
(ソース:Arsenal.com


前日にエバートンが敗れていたため4位以上は確定していましたが、ホーム最終戦を勝利で終えることができましたね!




にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

サッカー日本代表 勝つ準備
北條 聡 二宮 寿朗
実業之日本社
売り上げランキング: 97,691












【Amazon.co.jp限定】「ちょっとかわいいアイアンメイデン」 木嶋のりこ写真集(限定生写真付)